「CoCo壱番屋」の鹿肉を使ったカレー

写真拡大 (全2枚)

 2013年5月期決算で過去最高の売り上げを記録した、大手カレーチェーン「CoCo壱番屋」。積極的な出店攻勢が成功したことが大きいが、店舗限定オリジナルメニューの充実ぶりでも人気を呼んでいる。

 名古屋赤みそカレー、牛タンカレー、吉田のカレーうどん、カレーきしめん…こちらはすべて店舗限定で出しているオリジナルカレーだ。ご当地の特色を生かしたカレーライスのほか、麺類もあり、ジャンルにとらわれないメニュー作りが特徴だ。

 こうしたメニューが本格的に始められたのは、2009年の6月から。経緯について、同社の広報担当者はこう話す。

「当社では各店舗レベルで独自メニューや独自販促を推進する“ストアレベルマーケティング”を行っています。店舗の立地や顧客層をよく理解したうえで、それぞれの店舗にあったメニューや売り方があってもおかしくないということから始めました」

 社内ウェブや年4回の社内報にて従業員へオリジナルメニューの取組み紹介などを行ない、他店舗も積極的に取り入れることを推奨しているため、店舗オリジナルメニューは増える傾向にあるという。

 過去には、話題になったメニューもある。滋賀県のある店舗が考案したのは、鹿肉を使ったカレーだ。

「全国で農作物を食べ荒らす野生の鹿による被害が多発し、その鹿の処理に膨大な費用がかかることがわかり、何か役に立てないかと、滋賀県の店舗のオーナーが鹿肉を使ったカレーを考案しました。この試みは、自治体から表彰もされました。2010年から販売を始め、今も人気メニューとなっています」(前出・担当者)

 同社が進めるストアレベルマーケティングにより、店舗ごとに特色ある店舗も増えてきた。漫画を1000冊以上置いたり、子供の塗り絵を展示したりする店も。こうした取り込みを積極的に進めていることも、好業績の要因といえそうだ。