AR大作が渋谷ディーゼルに、新進作家 梅沢和木の個展

写真拡大

 渋谷のDIESEL ART GALLERYで、新進作家 梅沢和木(うめざわかずき)の個展「エクストリームAR画像コア」が開催される。会場では多数の新作をはじめ、AR(拡張現実)を用いてメディアの可能性を拡張し続ける開発ユニットAR三兄弟とコラボレーションした大作を発表。会期は8月23日から11月15日までが予定されている。

渋谷ディーゼルで梅沢和木の個展の画像を拡大

 「エクストリームAR画像コア」で梅沢和木は、ARが埋め込まれた作品を、端末を通して鑑賞することで絵画の枠を超えた新たな仮想と現実の交差を表現。現実世界に出現させられたキャラクターモチーフが、モニターの中に回帰するという作品世界が創出されるという。会期中には、オリジナルグッズを販売予定だ。

 梅沢和木は1985年生まれ、武蔵野美術大学映像学科卒業。現在はCASHIとカオス*ラウンジに所属し、インターネット上に散らばる画像やデータを集めて再構築し、コラージュ作品を制作している。主な展示に「LOVE展:アートにみる愛のかたち」(2013年 森美術館)や「特別展 手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから」(2013年 東京都現代美術館)、「大地と水と無主物コア」(2012年 CASHI)、「カオス*ラウンジ2010 in 日比谷」(2010年 高橋コレクション日比谷)などがある。

■エクストリームAR画像コア
アーティスト:梅沢 和木(うめざわ・かずき)
 開発:AR三兄弟
 キュレーター: 松島英理香 / CASHI
 会期:2013年8月23日(金)〜11月15日(金)
 会場:DIESEL ART GALLERY
 住所:東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti B1F
 TEL:03-6427-5955
 開館時間:11:30〜21:00
 休館日:不定休
 http://www.diesel.co.jp/art/