<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 事前情報◇15日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,555ヤード・72)>
 「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」が長野県にある軽井沢72ゴルフ北コースで16日(金)開幕。8月上旬に妊娠を発表し、あと数日で妊娠5か月目に入る茂木宏美が発表後初のトーナメントに挑む。
人気女子プロの特撰フォト満載!「写真館」
 今季「ワールドレディスサロンパスカップ」でメジャー制覇を果たした茂木は、6月上旬のヨネックスレディス以降、ホステスプロとして迎えたアース・モンダミンカップ以外はすべて欠場。権利のあった全英リコー女子オープンも出場を辞退するなど、妊娠に伴いコンディションが整わなかったため休養につとめた。
 それでも、下半身を中心としたトレーニングは継続しつつ7月後半からは練習もスタート。今大会での復帰に向けて、所属の赤城CCで猛暑の中毎日のようにラウンドをするなど着々と復帰への準備を進めてきた。この日はプロアマ大会で18ホールを回り「体調はいいです。ゴルフ場を歩いてプレーして気持ちが良かった」と笑顔を見せた。
 お腹の中に新しい命が宿っているとはいえ、出場する限りは優勝を目指してプレーしていく。お腹はわずかに膨らみも目立つようになってきて、飛距離はわずかに落ちたものの「私はもともとガンっと打つタイプではないので」と現時点でスイングには大きな影響はなし。契約するブリヂストンも、お腹周りにゆとりをもたせた特注ウェアを用意するなどして全力でサポートしていく。
 出産予定は2月上旬。妊娠6か月となる9月まではツアーに出場する意向を示しているが、「歩くのが遅くなって他の選手に迷惑をかけるようになったり、ベストパフォーマンスができなくなったら」と産休に入る時期は自らで判断する。過去妊娠6か月でヨネックスレディスを優勝した野呂奈津子や、ママさんプロとしても活躍した塩谷育代らをお手本としながらママでの初Vを目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のゴルフギア情報&試打レポートをチェック!
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」
ALBAが注目する3人の若手女子プロ