献血で中南米の感染症を初確認

ざっくり言うと

  • 厚生労働省は14日、シャーガス病が国内の献血で初めて確認されたと発表
  • 中南米出身の男性から採った血から検出されたという
  • シャーガス病の最大3割の患者は、10〜20年後に重い心疾患などを発症するという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング