安月給の原因はあなたの「考え方」にあった!『ずっと「安月給」の人の思考法』著者がズバリ解説

写真拡大

「はあ〜…いつまでたっても給料上がんないな〜…」

「ウレぴあ総研」でこの記事の完全版を見る【動画・画像付き】

有史以来、働く人々の間でつぶやかれてきたこのセリフ。「こんなに働いても給料が上がらないなんて、ひどい会社だ!」。虚空にそう叫んだ人も少なくないだろう。

そんな安月給派にとって聞き捨てならないタイトルの本がある。それが今回取材させていただいた、木暮太一さんの『ずっと「安月給」の人の思考法』(アスコム)だ。ん? 安月給って、あくまで会社の経営とか景気の問題でしょ? 自分の思考に問題があるって、どういうことなんだろうか。

ということで、まずはこの質問をぶつけてみた。そもそも「安月給に陥りやすいタイプ」とは、一体どんな人なのだろう?

「一番大きいのは『ルールを把握していない人』ですね。世の中のルールも会社のルールも把握しないで、何も考えずに動いちゃう人は、安月給になってしまうと思うんです。何かを改善しようと思っても、とりあえず自分が置かれている状況を把握しないと、対策のしようがないと思うんですよ」

「給与明細」と「就業規則」を例に挙げてみよう。給与明細は毎月の給料の内訳が記載された大事な資料、就業規則は会社での働きかたの規則が網羅された言わば「会社のルールブック」だ。

どちらも自分の現状を把握するうえでとても重要なものだが、毎月の給与明細をすみずみまで読んでいる人や、自分の会社の就業規則を完全に把握している人は、ほとんどいないのではないだろうか。「結果しか見ない人は、知らない間に損している可能性が高いんです」と木暮さんは警告する。

■「価値」と「使用価値」の違いに隠された、給料のカラクリ

まずはルールを知らないと、敵との戦い方もわからない。それは会社に限った話ではなく、社会全体でも同じことが言える。本著でも大きく取り上げられている、マルクスの『資本論』に沿って解説された「価値」と「使用価値」の話がそれだ。簡単に説明すると、

「価値」=あるものを作るためにかかった手間やコストの大きさ
「使用価値」=あるものを使ったときに得られるメリット

となるのだが、ここに私たちの「給料の秘密」が隠されている。

「普段多くのビジネスパーソンは、お客さまのメリットを第一に考えていると思います。そのため、商品のメリットだけ考えていけば商品が売れるようになる、と考えがちなのですが、資本主義経済においてはすべての商品において「その商品をいくらで作ったか」ということがベースになって値段が決まっているのです。

それは僕らの労働力の値付け=給料に関しても同じ事です。労働力の値段も、『労働力の価値』によって決まっている。『労働力の価値』とは、「自分自身が明日働くために必要な原価」ということになります。その原価がそのまま給料になるのです。多くの人は成果を上げれば給料が上がると思っていますが、実際は自分の『労働力の原価』を上げることでしか給料は上がらない。これが今の社会の仕組みなんです」

■成果を上げるだけでは、給料は上がらない

「労働力の価値」
=あなたが明日も仕事をするために必要なコスト

「労働力の使用価値」
=その労働者を使って得られるメリット=労働者が上げた成果

上記において、多くの人は後者だけを上げていけば給料が上がると思い込んでいるが、実は前者を上げていかない限りは給料は上がらない、ということなのだ。冒頭の「こんなに働いても給料上がらないなんて、ひどい会社だ!」という叫びは、かなり的はずれなものだったと言える。なんてこった!

「休日にフリーマーケットをやるとしましょう。出品したいものがたくさんあって、自分の車には入りきらないから、トラックを1万円で借りてきました。それに荷物をたくさん積んでたくさん売って、結果10万円儲かりました。当初予想していたよりもずっと多い儲けです。さてトラックを返しに行ったときに、トラックの持ち主から『このトラックのおかげで想像以上に儲かったんだよね。じゃあ5万円くれ』と言われたら、どう思いますか?」

トラックがいい具合に使われて業績が上がったとしても、そこで余分に給料をくださいというのは違う話。その切り分けができていないと、「いつまで経っても評価されない」「経営者は自分たちのことを考えていない」と、恨みつらみばかりが溜まってしまうのだ。

■給料を上げるには、自分の「労働力の価値」を上げろ!

「労働力の価値」を上げれば、給料が上がる。ここまではわかった。でも「労働力の価値」を上げるとは、具体的にどうすればいいのだろう?

「例えば、あなたの代わりに、あなたの仕事をする人を明日連れて来なければならないとします。その時に、新しく連れてきた人をどれだけ教育しなきゃいけないか、どれだけのコストをかけなきゃいけないか。

そのコストがめちゃくちゃかかるとしたら、新しい人を連れてくるよりあなたを雇っていた方がいい、という話になりますよね。これが『労働力の価値』なんです。その積み上げを高くしておけば、ゼロから同じ人材を連れてくるとコストがかかるので、その分のコストは給料として払いますよ、となるわけです」

なるほど、たしかに筋は通っている。とは言え、仕事を通じて自分が何かを積み上げてきた、と自信を持って言える人ばかりではないだろう。今の自分には何もない……。そう思い悩んでいる人に、木暮さんは「そんなわけはない。誰でも真面目に働いていれば、なにかしらのものは持っているはずなんです」と語る。

「他人に自分の価値を見つけてもらえる人はラッキーですが、みんながそうとは限りません。その場合は、自分の価値を自分自身で見つけていかなければいけません。

ひとつの方法として、自分と同年代の友だちをイメージして、「その人がいまの自分の仕事をやるために、なにをトレーニングしなければいけないか」を考えてみてください。そうすると、他人と自分のギャップが見えてきますよ。

どんな細かいことでも頑張って見つけていくことが大事です。もし何も見つからない場合は、明日から頑張れ!って感じですが(笑)、まずは卑屈にならないで、自分を見つめて欲しいですね」

■お金より大事なもの、それが「自己内利益」

よし、これで自分も安月給から脱出できるかも! ここまで読み進めてそう決意した人に、木暮さんは最後にある意味どんでん返しとも言えるメッセージを残してくれた。キーワードは木暮さんの造語だという「自己内利益」だ。

「給料を上げて、やりたいことができるようになる。これも大事なんですけど、そこで本当に自分が満足していなければなんの意味もない。大切なのは「自己内利益」。それがこの本の最後の主張なんです。

ビジネスの場合、売上以上に費用がかかってしまったら赤字じゃないですか。そんな商売やめちまえって話ですよね。でも労働者の場合、『年収1000万円もらえるなら、なんでもします』みたいな人ってザラにいるんです。お金のために寝る間も惜しんで、心身共にすり減らして……それって結局「赤字」のままなんですよね。それよりは「自己内利益」を高める生き方をした方がいいんじゃないかと思うんです。

極端な話、年200万しか稼げなくても、日々遊んでいるような気分で仕事できるのであれば、その200万円はまるまる自分の利益になる。だったらそのほうがいいんじゃないか。そこに気づいてほしいというのが自分の意見です」

日々の生活に追われる中で、やっぱり目先のお金に心を奪われてしまうもの。しかし自分の頭で考えることをせずに、ただ漠然と「給料上がんないかなー」とぼやいたところで、本当の幸せにはほど遠い。

『ずっと「安月給」の人の思考法』は、その刺激的なタイトルとは裏腹に、厳しい現代を生きるビジネスパーソンにとって、実にまっとうで地に足の着いた生きるヒントを与えてくれる一冊だ。まずは本著を読んで、来月の給与明細をじっくり読むところから始めてみるのもいいだろう。そこにはきっと新しい世界への扉が隠されているはずだ。


木暮太一さん(経済入門書作家・経済ジャーナリスト)

慶応義塾大学 経済学部を卒業後、富士フイルム、サイバーエージェント、リクルートを経て独立。大学在学中に自作した経済学の解説本が学内で爆発的にヒット。現在は、企業・大学・団体向けに多くの講演活動を行っている。
『伝え方の教科書』(WAVE出版)、『僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか?』(星雲社新書)、『今までで一番やさしい経済の教科書』(ダイアモンド社)、『学校で教えてくれない「わかりやすい説明」のルール』(光文社新書)など著書多数。

こちらのレポートもどうぞ!
まさかコンビニATMで手数料とられてない? 知らなきゃ損する、手数料ゼロ円生活 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10646 ]
自然とお金が貯まる! 経済評論家・山崎元が教える、爽やかにお金と付き合う方法 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10146 ]
貯金、仕送り、お葬式…後悔する前に話すべき「親のお金」のこと3つ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/16484 ]
社会人であれば読んでおくべき、"厳選"ビジネス書11冊 [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15922 ]
[夏]出かける前に、知らないと損する!スマホの賢い節約術まとめ [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/15789 ]