写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ウォーターフォード・ウェッジウッド・ジャパンは28日、英国製「ジャスパー」の人気アイテムを一部再発売する。このほか10月にも発売を予定している。販売は、全国の有名百貨店内ウェッジウッドショップ、およびオンラインショップにて。

○ウェッジウッドの代名詞「ジャスパー」が復活

"英国陶工の父"と称されるジョサイア・ウェッジウッドは、1775年、それまでにない美しさを持つ焼き物でオリジナルのストーンウェア「ジャスパー」を数千回もの実験を繰り返し誕生させた。以来、18世紀から継承される伝統技法で生み出される「ジャスパー」は、優美な質感と色合い、繊細なレリーフ装飾、他社の追従を許さなかったユニークさなどから"ウェッジウッドの代名詞"として世界に広く知られ、代表的なペールブルーは"ウェッジウッド ブルー"とも言われている。

8月28日に発売予定となるのは、全面に繊細なレリーフを施した「ティーカップ&ソーサー(ペールブルー/ピンク/ブラック)」(内容量200ml、各15,750円)、アクセサリーなどを入れられるかわいらしいサイズの「ハートボックス(ペールブルー/ピンク)」(7cm、8,400円)、古代ギリシャの建築文化より、時を超え好まれてきた装飾であるアーカンサスの葉模様のフォトフレーム「アーカンサス ピクチャーフレーム」(高さ15cm×幅15cm、10,500円)、ドーム型の丸みがかわいらしい小物入れの「エイコーン ボックス」(直径10cmx高さ13.5cm、14,700円)。

10月発売予定は、ウェッジウッドの伝統的なペールブルーとピンクのジャスパーカラーを用いた「プリンス ピクチャーフレーム クラウン(ペールブルー)」「キューピッド ピクチャーフレーム フラワー(ピンク)」(高さ15cm×幅15cm、各11,550円)、シダの葉のエンボス模様で縁取られた「クラシック ピクチャーフレーム(ペールブルー/ピンク)」(高さ24cm×幅18.5cm、9,450円)、ギリシャ神話のトロイの王子パリスとスパルタの王女ヘレネーの恋を描いたストーリーの「セレブレーション プレート」(18.5cm、11,550円)。

(エボル)