2匹のアリの物語:アプリ「メアドピッカー」でメアドの変更をスマートに送信!

こんにちは、おしぃです。

 

東京都千代田区飯田橋

その飯田橋の一角にある小さな公園

 

このお話は、その公園に住む2匹のアリ

「イーダ」と「チョーダ」のお話です

 

 

チョーダ:「あ〜疲れた・・・」

 

イーダ:「今日はかなりしんどかったわ」

 

チョーダ:「明日は休みたいっちゃけどなぁ・・・」

 

イーダ:「明日?何かあんの?」

 

チョーダ:「明日、ここで人間が夏祭りやけん」

 

イーダ:「あ〜そっかそっか・・・大変そうやね」

 

チョーダ:「有給、残って無かとよね・・・」

 

イーダ:「有給、無計画に使いすぎだもの(笑」

 

チョーダ:「イーダはどれくらい残っとるとな?」

 

イーダ:「俺、今年に入って1日しか使ってないよ」

 

チョーダ:「よお、そげん毎日仕事ばっかりで平気やね」

 

イーダ:「チョーダがサボりすぎなんだわ(笑」

 

チョーダ:「直前に”休みます”げな言ったら

リーダー怒るし無理やろなあ・・・」

 

イーダ:「あのリーダー怖いもんね・・・」

 

チョーダ:「もの凄い怖かよ・・・あれアリじゃなくてやもん」

 

イーダ:「生まれ変わる時は人間になりたいなぁ・・・」

 

チョーダ:「いやいやいやいや・・・」

 

イーダ:「ん?」

 

チョーダ:「人間見とったらわかるやろ?」

 

イーダ:「何が?」

 

チョーダ:「人間げな毎日毎日仕事ばっかりやぞ」

 

イーダ:「そうなの?」

 

チョーダ:「そうくさ!今なるとやったらバッタやろ」

 

イーダ:「バッタ?」

 

チョーダ:「動きも早いし、ジャンプも凄いし、空も飛べるし、歩きもできるし」

 

イーダ:「確かに・・・いいね・・・」

 

チョーダ:「問題はヒロシの後輩になってしまう事やな」

 

イーダ:「バッタのヒロシの?」

 

チョーダ:「俺、あいつの後輩にだけはなりたくなかやん

 

イーダ:「後輩どころか、生まれ変わったら子供もありえる・・・」

 

チョーダ:「俺が?ヒロシの子供?」

 

イーダ:「うんうん」

 

チョーダ:「うわ〜、ありえんわ・・・無理やわ」

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

イーダ:「ん?何の音?」

 

チョーダ:「あ、ごめんごめん、俺のメール」

 

イーダ:「誰から?」

 

チョーダ:「ん〜っと、げ、ヒロシからやん・・・」

 

イーダ:「凄いタイムリーだ(笑」

 

チョーダ:「携帯変えましたってさ」

 

イーダ:「ああ、少し前にスマホにしたいって言ってたわ」

 

チョーダ:「あいつガラケー使っとったとね、なるほど」

 

イーダ:「新しいメアドの登録し直しって面倒だよな」

 

チョーダ:「ん?」

 

イーダ:「アドレス帳開いて書き換えて更新でしょ?」

 

チョーダ:「あ、いや、メアドは変更してなかね」

 

イーダ:「え?じゃあ電話番号の変更?」

 

チョーダ:「え〜っと、メールに書いとる電話番号も前と変更なかね」

 

イーダ:「はい?(笑」

 

チョーダ:「ん?」

 

イーダ:「じゃあ、何のメールなの?」

 

チョーダ:「何って、やけん”携帯変えました”ってメール・・・」

 

イーダ:「いや、だってさ、そのお知らせ必要?」

 

チョーダ:「言われてみれば・・・何のメールかいなこりゃ・・・?」

 

イーダ:「スマホになって嬉しかったんだろうな(笑」

 

チョーダ:「あ〜、いかんやんこれ・・・」

 

イーダ:「ん?どうした?」

 

チョーダ:「アドレス帳にあるメアドば全部

”宛先”に入れて一斉送信しとるごたあ」

 

イーダ:「おおっと!マナー違反!!

 

チョーダ:「これじゃ、あかの他人のアドレスが丸見えやん」

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

イーダ:「もしや・・・」

 

チョーダ:「あ〜やっぱり、ヒロシへの返信が俺ん所にも来た・・・」

 

イーダ:「TOCCBCCの違いをヒロシに教えた方がいいね」

 

チョーダ:「やだ、教えても見栄はってしったかぶるけん、面倒」

 

イーダ:「う〜ん、確かに・・・」

 

チョーダ:「イーダはメアド変更した時どげんしとっと?」

 

イーダ:「俺?”メアドピッカー”っての使ってる」

チョーダ:「ふ〜ん、どげんと?ちょっと見せて」

 

イーダ:「これね、アドレスから一覧出して選ぶだけ、楽なんだ」

チョーダ:「ああ、なるほど、あらかじめグループ分けしておくとね」

イーダ:「そう、だからメアドの変更はBCC選んでグループ選んでポン!」

チョーダ:「これよかねえ・・・俺も入れよ」

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

イーダ:「またヒロシへの返信が?」

 

チョーダ:「え〜っと、うん・・・めんどくさいわあ・・・」

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

イーダ:「うわ、どんどんくるな(笑」

 

チョーダ:「何が頭くるってさ」

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

イーダ:「うん」

 

チョーダ:「返信の本文から察するに・・・」

 

イーダ:「うん」

 

チョーダ:「ばっかり・・・」

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

イーダ:「・・・」

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

チョーダ:「なんであんなのがモテるとかいな・・・」

 

ピピピピピピピピッ!ピピピピピピピピッ!

 

イーダ:「キザはいつの時代もモテるものよ」

 

チョーダ:「やっぱり生まれ変わるならバッタやな・・・」

 

イーダ:「バッタでモテモテ!」

 

チョーダ:「バッタでモテモテ!」

 

イーダ:「バッタでモテモテ!」

 

チョーダ:「バッタでモテモテ!」

 

 

彼らが生まれ変わる時、再びアリとなる事は

神様だけが知っている事実であった。

 

 

■「メアドピッカー」のダウンロードはこちら↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=luck.of.wise.emailpicker