小学館ビル取り壊し前の“豪華すぎる落書き大会”―ネットでは保存を求める声

写真拡大

豪華すぎる落書き9月に取り壊しが決定している、東京都千代田区の小学館ビルに、有名漫画家達が描いた落書きが話題を集めている。

【関連:アニメ「銀の匙」、エンディングで“聖地巡礼”を控えるよう呼びかける】

豪華すぎる落書き


これは「週刊ビッグコミックスピリッツ」の編集部を中心に企画されたもので、呼びかけに藤子不二雄(A)さんや浦沢直樹さんら同社ゆかりの漫画家が数多く集結。

1Fの道路に面したガラス窓や、外から覗くと見える白い壁一面に“史上二度とない有名キャラクター達のコラボレーション”が実現している。

なお、8月16日(金)までの8時半〜20時の時間は落書きが見やすいよう、照明が点灯されている。以降も日中であれば覗き見ることができるそう。9月2日(金)からは取り壊し作業が開始予定。

今回の「豪華すぎる落書き」についてインターネットでは保存を求める声が多く上がっているが、今後の扱いについては未定。

情報/画像:スピリッツ編集部Twitter https://twitter.com/spiritsofficial/status/365757091958362112