写真提供:マイナビニュース

写真拡大

長野電鉄は現在開催中の「モンハン渋の里」に合わせ、同社の特急用車両2100系をラッピングした「モンハン特急 スノーモンキー」を運行している。

カプコンのゲームソフト『モンスターハンター』と、長野県の信州渋温泉がコラボした「モンハン渋の里」は、過去2回(1回目は2010年12月23日から2011年1月10日まで、2回目は2011年7月30日から8月27日まで)開催されており、3回目となる今回は1年間のロングラン開催(2013年7月27日から2014年8月31日まで)に。夏休み・冬休み・春休みに期間限定スペシャル企画も行われるという。

信州渋温泉へのアクセス路線となる長野電鉄長野線(長野〜湯田中間)では、「モンハン渋の里」の開催に合わせて、特急用車両を特別にラッピングした「モンハン特急」を毎回走らせており、今回は「スノーモンキー」2100系E1編成をラッピング。車体側面に歴代のモンスターなどをデザインした。"モンハン渋の里オリジナル缶バッチ"を購入できる「狩り狩チャ!」も車内に設置されたという。

「モンハン特急 スノーモンキー」は8月18日まで毎日運行。以降は土日祝日を中心に週4日程度運行される予定。運行時刻は日によって異なり、長野電鉄が発表した時刻表などで確認できる。「モンハン渋の里」会場の信州渋温泉へは、長野電鉄長野線の終点、湯田中駅からバスにて連絡している。