写真提供:マイナビニュース

写真拡大

北米でブランチの定番といえば「Eggs Benedict(エッグスベネディクト)」。これは、半分にスライスしたイングリッシュマフィンに、ハム又はベーコン、ポーチトエッグ、そして、ヨーロッパ発祥のバターと卵黄たっぷりのリッチなソース、「Hollandaise(オランデーズ)」をかけて焼いたものです。料理の誕生には諸説ありますが、いずれのケースもどこぞのBenedictさんにまつわるものです。スモークサーモンなどでアレンジしたバリエーションも多く、また親しみをこめて「Eggs Benny」などと呼ばれることもあります。

英会話スクール通いが難しい方へ

24時間予約不要のオンライン英会話だから、続けられる。まずは無料体験。