上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

 本格的なエスプレッソを味わえるカセット式のコーヒーマシンは、国内外のメーカーで多様なスタイルで販売され、味やデザインなどで個性を競っている。そんななか、家電量販店で主要なメーカー5社が自社製品を展示し試飲できるコーナーがあったので、実際に各社のコーヒーを飲み比べてみた。「味」「デザイン」「コスト」など総合的にバランスがよさそうなマシンだったので『ネスプレッソU』に決めた。実際に、3か月間使って100杯以上飲んでいる。3か月にわたるインプレッションを紹介しよう。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

正面と真横。省スペースで置くことができる。無駄な装飾は無く機能に特化している。

 ネスプレッソのコーヒーマシンの特徴は、焙煎し挽き豆されたコーヒーをカプセル内に凝縮し最大19気圧の高圧力で抽出することにより、淹れたての時に芳醇なアロマを堪能でき、16種類のテイストの異なるコーヒーを楽しめるところにある。コーヒー豆については、かなりの「こだわり」があるようで、南米とアフリカからの7か国から生豆をヨーロッパにいったん集めて最初の品質検査。

 そしてスイスのネスプレッソ生産センターに運び、水分量・味わい・香りなどの厳密な最終の品質チェックをしてカプセル内にコーヒー豆を充填している。2段階の品質チェックによる「こだわり」は、コーヒーの専門家では無い私でも実感できる上質な味である。カプセル式にしたことによって味にブレが無く、常に一定の風味で楽しむことができる。私の仕事場にネスプレッソUを置き、来客にコーヒーを出した。のべ40人程が飲み、皆が美味しいという反応だった。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

製品の同梱物。試供品の16種類のカプセルも含まれる。マニュアルなどの冊子は、ハードカバーのケースに収められている。高級感はあるが少し仰々しい印象だ。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

試供品のコーヒーカプセル。16種類を色別にして色覚的に見分けることができ、各カプセルのコーヒー品種は一覧表で確認できる。味覚も詳しく説明してある。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

コーヒーカプセルは品種や抽出量の違いなど、4つのカテゴリーに分かれる。左の7種類が少量タイプのエスプレッソになる。右端の3つがカフェインレスのコーヒー。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

ユーザー登録する際に必要な製品シリアルキー。オンラインでユーザー登録をすることによりコーヒーカプセルを注文できる。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

給水タンクは着脱が可能で、日常の洗浄も容易にできる。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

電源コードには工夫があり、巻き取る方向により本体を設置した際にコードがでてくる向きを変えることができる。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

カプセルをセットしてコーヒーを淹れるのは、最初は複雑に感じるかもしれないが、慣れてしまえば容易だ。カプセル挿入蓋をスライドさせて開ける。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

カプセルを真上から落とすようにしてセットする。形状に合わせてセットすればよいので間違えることはない。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

緑色のイルミネーションランプは、大・中・小とある。タッチスイッチとなっており、抽出されるコーヒーの量となる。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

スイッチを押し30秒程して注ぎ口からコーヒーが注がれる。19気圧の圧力をカプセルに与えるため、「ゴォーオオ」という大きな作動音がする。正直な印象としてうるさい。唯一の欠点と感じるポイントだ。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

細かな泡で覆われたコーヒーは、ネスプレッソの特徴のひとつだ。芳醇なコーヒーアロマは、誰でも引き込まれる。実際、この香りを嗅ぐとコーヒーを飲みたくなる「欲望のスイッチ」が働くようで、その場にいるほぼ全員がコーヒーを飲む。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

本体はいくつかのパーツとして分離することができるので、日常の手入れは容易だ。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

抽出し終わったカプセルは、最大で16個までトレーに収納できる。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

カプセルの抽出する前と後。3つの細い穴を開け、19気圧の高圧がコーヒーアロマを高める仕組みになっているようだ。

上質な味を手軽に楽しめるコーヒーマシン『ネスプレッソU』のコスパを検証

デミダスカップに、エスプレッソを淹れた。実に本格的な味だ。

■肝心の味は?

 風味については、シアトル系のコーヒーショップで提供されるコーヒーと比べ芳醇な香りがあり、味は濃厚でありながらクセが無くて飲みやすく、後味の適度な余韻を残す。19気圧もの圧力で抽出する理由は、どうやらここにあるようだ。1回飲めばわかるくらい味に個性がある。仕事場での来客はまるでファミレスのドリンクバーのようにして、おかわりを飲んでいる。

 味について私なりに感じた気をつけたいポイントがある。淹れてから10分程経過すると味に酸味が強くなる傾向があり、風味を楽しむのであれば早めに飲むことをおすすめする。また温度がぬるくなると苦みが強くなる。味については好みもあるので悪いことではないが、風味の変化はことのほか早い印象だ。

 コーヒーメーカーの本体は、スリムなフォルムに機能美に優れたデザインとなっている。カラーバリエーションは4色展開となり、他にホワイト、ブラック、ブラウンがある。インテリアの一部として考えると、購入する際は慎重に色を選んでもらいたい。実際に来客の10人程はデザインについて「いいね」と言っている。

■アフターサービスとコストパフォーマンス

 ユーザー登録をして3か月目に、ネスプレッソカスタマーセンターから電話があった。製品についての不具合が無いか、また使い方に不明な点の有無などユーザーへのアフターサービスの配慮がなされている。『ネスプレッソU』のコーヒーカプセルは、ユーザー登録をすればwebサイトからオンラインで注文ができるが、この専用サイト以外ではネット購入はできない。

 大手通販サイト等ではコーヒーカプセルは販売されていないので注意してもらいたい。オンライン以外では、ネスプレッソの実店舗にて購入ができる。実店舗では各種の味を無料にて試飲でき、カプセルの味について専門スタッフからアドバイスをもらうこともできる。コーヒーの試飲は1杯だけでは無く複数できる。

『ネスプレッソU』の場合、平均して1杯あたり約75円だ。私が3ヶ月間で飲んだ100杯の合計が7500円だ。他社製品では高いもので1杯あたり150円以上するものもある。日常で飲むものと考えると1杯のコストは長期間では大きな差になる。製品本体とカプセルの価格を考えると、ネスプレッソUはコストパフォーマンスに優れたコーヒーマシンといえるだろう。

■製品情報

http://www.nespresso.com/jp/ja/product/u-nespresso-orange

(文/福永仲秋) 

福永仲秋

「モノ」を中心にして撮影するカメラマン。撮影するモノに惚れやすい傾向が強く、気がつけば買ってしまうクセがある(大きなものだと、クルマまで……)。