金魚絵師・深堀隆介とサンシャイン水族館のコラボ“金魚”展開催中!

写真拡大

ひらひらと尾を揺らしながら泳ぐ金魚を眺めていると、ココロ癒されるよね♪ そんな、金魚の魅力にクローズアップした展覧会が、8月25日(日)までサンシャイン水族館で開催中。その名も「金魚絵師・深堀隆介×サンシャイン水族館 アートと生き物の金魚展」。さっそく見どころをお伺いしてみると・・・。

「本企画は夏の風物詩“金魚”をテーマに、金魚が誕生した歴史や、人間との関わりを意識したものとなっております。会場は夜をイメージした黒い空間の中に金魚が浮かび上がる『黒の間』、金魚が放たれた大きな池の中に、金魚絵師・深堀氏の作品“雫”が融合し『生き物』と『アート』のコラボ展示がある『白の間』、金魚の体内を通り未来へ受け継がれていく様を表し、また金魚の原種であるフナの水槽を展示した『赤の間』、そして“チョウテンガン”という眼が上向きについている金魚や巨大金魚“ジャンボオランダシシガシラ”の展示、金魚の系統の歴史をたどる水槽を配置したゾーンの4つのエリアに分かれております。深堀氏の金魚の作品と生き物の金魚と写真を撮るフォトスポットもお楽しみいただけます。深堀氏は今回、水族館との初コラボレーションとなります」とのこと。

さらに、水族館内の「カナロア カフェ」では金魚をモチーフにした金魚ゼリー(650円)など特別メニューが展開されていて、ショップ「アクアポケット」でも金魚グッズが販売されているとのこと。ちなみに中国では、金魚は金運アップの縁起物として人気なんだとか。この夏は、金魚の優美さに癒されつつ、金運アップもお願いしてみる!?