トロント国際映画祭へ正式出品が決まった『許されざる者』/[c]2013 Warner Entertainment Japan Inc.

写真拡大

李相日監督&渡辺謙主演映画『許されざる者』(9月13日公開)が、第70回ヴェネチア国際映画祭への出品に続き、カナダで9月に開催される第38回トロント国際映画祭の「特別上映部門」に正式出品されることが決まった。

【写真を見る】強い意気込みを語った主演の渡辺謙

近年、本映画祭の最高賞である「観客賞」を受賞した作品としては、『プレシャス』(10)、『英国王のスピーチ』(11)、『世界でひとつのプレイブック』(12)などが挙げられるが、そのいずれもがアカデミー作品賞へノミネーションされている。

今回の出品にあたり、渡辺謙は、「トロント映画祭に参加が決まり、北米にもこの映画が伝わっていくことをとても嬉しく思います。多くの映画ファンに何が届けられるか、本当に楽しみです」と意気込みを語った。

また同映画祭には、日本からは、是枝裕和監督のカンヌ受賞作『そして父になる』、松本人志監督の最新作『R100』なども正式出品が決まっている。【Movie Walker】