写真提供:マイナビニュース

写真拡大

つくばエクスプレスを運営する首都圏新都市鉄道はこのほど、列車の運行に使用する電力量の節減が可能な「惰行制御を取り入れた自動列車運転」を開始すると発表した。

つくばエクスプレスの電車は従来、所定の速度での運転を維持するため、ATO(自動列車運転装置)とATC(自動列車制御装置)による加速と減速(ブレーキ操作)がつねに自動的に行われていたという。今回、「惰行制御(動力による加速もブレーキによる減速もなく、車両が惰性力で走行する状態)」を取り入れることで、下り勾配や直線区間の一部では力行(加速)が不要に。その結果、同社の1日あたりの電力使用量の4%に相当する1万kWh程度(一般家庭の1日の電力使用量の1,000世帯分)の節減が見込まれるという。同社ではさらに、乗り心地の向上や関連部品の延命化にもつながるとしている。

(佐々木康弘)