写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロはこのほど、有楽町線の千川駅、豊洲駅、辰巳駅へのホームドア設置日と使用開始日を発表した。設置時期は、豊洲駅1・2番線が8月23・24日、3・4番線が10月26・27日。辰巳駅は9月20・21日、千川駅は12月6・7日の予定。

各駅のホームドアの使用開始日は、豊洲駅1・2番線が10月26日、3・4番線が12月28日、辰巳駅が11月23日、千川駅が2014年2月22日。千川駅での供用が開始された時点で、有楽町線全24駅でのホームドア導入が完了する。東京メトロはこれまでに南北線全19駅、丸ノ内線全28駅、副都心線全11駅と千代田線の2駅でホームドアの設置が完了しており、同社全体で84駅へ導入が完了することとなる。全179駅に対しての設置率は約47%。

有楽町線で設置するホームドアは、扉部分の一部に透明な強化ガラスを採用し、閉扉状態でもホームと列車の隙間を確認できるほか、視認範囲の広がりによってホームでの開放感が感じられることが特徴。曲線ホームで車両との隙間が大きい箇所がある駅では、隙間を少なくするための可動ステップを取り付け、安全性向上を図っているという。

(佐々木康弘)