写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都港区の東京タワーは、岩手県大船渡市と協力し、「東京タワーで初秋を味わおう」をテーマに、炭火焼きにした大船渡のサンマを5,555人に無料配布する「平成25年度 三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」を9月23日に開催する。

○過去最多!サンマ5,555匹を無料配布

同イベントは、大船渡に水揚げされたサンマや水産物の販路拡大PRと、東日本大震災からの復興活動として「三陸・大船渡」の元気な姿を全国にアピールし、観光誘客の拡大を図る目的から行うもの。毎年、大船渡産のサンマが最盛期を迎える9月に開催している。

今年は、東京タワー開業55周年と同イベント5回目の開催にちなんで、過去最多の5,555匹の炭火焼きサンマを用意。大船渡から上京したスタッフたちの熟練した"炭火焼きの技"で焼き上げ、「大根おろし」に「辺塚(へつか)だいだい」を添えて5,555人に無料配布する。9時30分頃〜16時頃まで実施、チケットは9時から配布とのこと。

さらに、大展望台の半券チケットを会場に持参した先着555名には大船渡特産の塩蔵わかめのプレゼントも行う。

このほか、10時頃からは、サンマ本来の旨味と香りが味わえる大船渡の伝統料理「さんますり身汁」(1杯200円)2,000食の販売、大船渡の当地バーガー「大船渡さんまバーガー」(500円)の1,000食限定販売も予定している。

また、当日9時30分頃から行われる「オープニングセレモニー」には、戸田公明大船渡市長、東京都港区長、東京タワーの代表者などが出席し、「さんりく・大船渡ふるさと大使」のアカペラカルテット「XUXU(しゅしゅ)」が大船渡のサンマソング「オラ!サンマ」を披露する予定。

同イベントは、東京タワー 駐車場 特設会場で開催。参加無料。

(フォルサ)