ユニクロの秋冬コラボは750色柄 シルクなど商品拡充

写真拡大

 ユニクロが秋冬シーズンのコラボレーション商品を拡大し、本格的な海外販売をスタートさせる。昨年の約2倍のブランドやアーティストらと組み、「UT」のほかヒートテックやシルクブラウスなど商品ラインナップを拡充。テキスタイルデザイナー達によるストックホルム発のブランド「10-gruppen(ティオ・グルッペン)」(10月発売予定)や「ムーミン」(11月発売予定)など、今回初のコラボレーションも複数展開する。

ユニクロの秋冬コラボ750色柄にの画像を拡大

 これまでもユニクロは、Tシャツブランド「UT」などを通じて世界各国のアーティストやクリエイター、企業、ブランド等とコラボレーションを展開してきた。2013年秋冬シーズンでは、「UT」が通年でコラボレーション商品の販売をスタートするほか、商品ラインをTシャツだけではなく長袖Tシャツやスウェット、パーカ、シルクブラウスなどに拡大。コラボレーションの数は昨年の17から約30に増やし、春夏に登場したCelia Birtwell(セリア・バートウェル)との商品第2弾(8月順次発売)や「Disney・PIXAR Project」(9月発売予定)等、750種におよぶ色・柄のバリエーションで展開する。

 今回初となるコラボレーションは、ファッションから映画までマルチに活躍するフィンランド出身のデザイナーPaola Ivana Suhonen(パオラ・イヴァナ・スホネン)による「Ivana Helsinki(イヴァナ・ヘルシンキ)」や、NYを拠点に活動するフォトグラファーPeter Sutherland(8月発売)、「Asean Designers Project」(10月発売予定)、キャラクター「Cheburashka(チェブラーシカ)」(12月発売予定)、そして「10-gruppen」や「ムーミン」をラインナップ。日本全国のユニクロおよびユニクロを展開している13の国と地域、ユニクロオンラインストアで販売される。