ミクシィ、フォトブック作成サービス「ノハナ」を法人化

写真拡大

 ミクシィが2013年2月に開始したスマートフォン向けフォトブック作成サービス「ノハナ」事業を独立させ、100%子会社として株式会社ノハナを9月2日に設立することを発表した。8月現在で約20万人が利用している。

ミクシィが「ノハナ」を法人化 の画像を拡大

 「ノハナ」は、スマートフォンで撮影した写真をオンライン上に投稿し、限定したユーザーと共有したり、フォトブックとして注文できるサービス。送料90円を支払えば、毎月1冊無料で配送され、2冊目以降は1冊525円での販売となる。7月にはテレビ番組に取り上げられたこともありiPhoneのApp Storeの「トップ無料」で1位を獲得しており、これまでに380万枚の写真がアップロードされ、約10万冊のフォトブックが発行されている。

 ミクシィは、同事業を拡大していく上で、より迅速な意思決定を行う環境を整えるため事業の法人化を決定したという。今後、現在首都圏のみで実施されているカメラマンを派遣して思い出のシーンを撮影する出張派遣サービスの拡大に加え、「ノハナ」のコンテンツを利用したマーケティング支援事業などの展開を予定している。

 同社が8月9日に発表した2013年4-6月期連結決算の最終損益は2億5300万円の赤字で、これは2006年の上場以来初となる。業績改善に向け「つながりを スマホアプリで つくる」をキーワードに、「mixi」主要サービスのスマホアプリ化とコンテンツ系スマホアプリの提供を進めていくという。

■ノハナ
iOS :対応機種(OS)iPhone 4、4S、5、iPad、iPod Touch第3世代以降 ※iOS6.0以降
Android:対応機種(OS)Android4.0以上
HP:http://nohana.jp