家庭用初、業務用オーブンのような「正逆反転ファン」を搭載(写真は「石窯ドーム ER‐LD530」)

写真拡大

東芝ホームアプライアンスは、過熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、家庭用で初めて業務用オーブンのように「正逆反転ファン」で風向を変えて、焼きムラを少なくするオーブンレンジ「石窯ドーム ER‐LD530」を、2013年8月下旬に発売する。

業界最高の350度の高温

「正逆反転ファン」で風向を左右交互に変える熱風、「焼き色上手なくるりん熱風」によって、焼きムラの原因となっていた熱風の片寄りを抑えるほか、熱風を庫内にすばやく循環させる湾曲天井の「石窯ドーム構造」と、庫内のセラミックコーティングによる「庫内まるごと遠赤」の効果で、業界最高の350度の高温と、200度まで約5分の早い予熱でのオーブン調理ができる。

なお、「石窯ドーム構造」と「庫内まるごと遠赤」を搭載した、オーブン温度最高350度の「石窯ドーム ER‐LD430」も8月下旬に発売する。

いずれも、オープン価格。