半数以上「現在の世帯年収に満足していない」 増額したい希望金額は月6万2975円

写真拡大

ゲイン調べによると、現在の世帯年収に「満足していない」人は半数以上、増額したい希望月収金額は「月6万2975円」ということがわかった。

【お金が貯まる!! マネー知識診断】

株式会社ゲインは、株式会社フルスピードと業務提携し、クラウドソーシングサービスの「TALENT(タレント)」をオープン。それに伴い、「クラウドソーシングに関する調査」を実施し、結果を発表した。

同調査によると、現在の世帯月収で「余裕がない」と回答した人は全体で56.2%。特に、年代別では40代男女が6割以上、ライフステージ別では「末子が小・中学生」「末子が高校生以上」が6割以上となっており、子供が大きい40代の世帯月収満足度が低いことがうかがえる。

増額したい月収金額の全体の平均は「月6万2975円」となった。現在の世帯年収に余裕がない人の希望金額は「月6万6646円」となり、現在の世帯年収をふつうと感じる人よりも約1万円近く高い結果となった。また、性・年代別をランキングで見ると、1位は男性40-44歳「月7万1250円」、2位は男性45-49歳「月6万9870円」、3位は女性45-49歳「月6万7853円」の順となった。さらに、性・年代×ライフスタイルのランキングで見ると、男性40-44歳・未婚・子無しの層がトップとなり、「月7万5221円」と全体平均よりも1万2千円以上希望金額が高かった。

増額分の使い道は、1位「貯金」59.7%、2位「旅行・レジャー」31.3%、3位「外食」21.2%となった。「子供の教育関連・習い事」では、女性30・40代が2割を超えた。また、男性20代・30代は「パソコン」「家電」が2割を超え、女性20代・30代前半は「ファッション・アクセサリー」が全体よりも10ポイント以上高い傾向にあった。

クラウドソーシングとは、インターネットなどを介して、不特定多数の人々を募り、アウトソーシングすること。そこで、クラウドソーシングを利用したことがあるかを尋ねたところ、「利用したことがない」が86.2%と、まだサービスが一般的に浸透していないことがわかる。

クラウドソーシングを使わない理由のトップは、「サービスの概要がよくわからないから」が約4割。上位に「なんとなく怪しく感じるため」「知らなかったから」など、クラウドソーシング自体がわからないという理由が多いことから、サービスが一般的に浸透していないため、不審に思う人が多いことがうかがえる。そのほかにも「自分にはできない特殊な仕事が多そうだから」「時間に余裕がない、忙しい」なども入っている。

参加してみたい仕事内容は、1位「アンケート回答(インタビュー含む)」43.0%、2位「テキスト入力」32.5%、3位「封入作業、シールなどラベリング」26.9%となり、比較的難易度の低い仕事が人気のようだ。