写真提供:マイナビニュース

写真拡大

宮城県大崎市鹿島台の、鎌田記念ホール特設会場で「大崎市わらじまつり in かしまだい」が開催される。開催日時は8月14日の14時〜20時30分ごろまで。

○財政再建などに尽力した村長の遺徳を偲ぶ

同祭りは、「わらじ村長」と呼ばれた鎌田三之助村長の遺徳を偲び開催される。当日は、太鼓に合わせて大わらじ、子わらじなどが練り歩く「わらじパレード」のほか、婦人会の踊り、鹿島台太鼓などさまざまなイベントを実施。夜には1,500発の花火を打ち上げる、花火大会も行われるという。

なお、「わらじ村長」こと鎌田三之助村長は、1902年から2期衆議院議員を務め、1909年から同地域の村長に就任。品井沼干拓事業、財政再建などに尽力した。村長在任中、無報酬で通し、粗末な身なりでわらじを履いて村内を巡回したため、村民から「わらじ村長」と呼ばれ親しまれたという。

(OFFICE-SANGA)