ジョブズの激しい気性がリアルに描かれている映画『スティーブ・ジョブズ』/[C]Glen Wilson copyright The Jobs Film LLC Director Joshua Michael Stern.

写真拡大

アップルの創業者スティーブ•ジョブズの半生を描いた話題作、アシュトン•カッチャー主演『スティーブ•ジョブズ』が11月1日(金)公開となる。

【写真を見る】世界のカリスマ、スティーブ•ジョブズをアシュトン•カッチャーが熱演!

2011年に56歳の若さで死去したスティーブ•ジョブズ。本作では、アップル創業の経緯から、マッキントッシュの開発、ビル•ゲイツとの対立、ジョブズ自身のアップルからの解任と挫折、そして、世界中に衝撃と希望を与えたiPhoneの発明に至るまで、彼の知られざる半生がリアルかつダイナミックに描かれている。

今回解禁となった新映像で注目したいのは、ジョブズの壮大な夢や信念の強さを感じられる一方で、独裁者とも言われたスティーブ•ジョブズの、激しい気性や傲慢な態度が現れている点だ。気に入らない相手を徹底的に罵倒したり、自分に逆らった従業員をその場で解雇したりするジョブズと、そんな彼に嫌悪感を募らせる人々も描かれている。

世界的なカリスマ経営者として知られるスティーブ•ジョブズ。革新的なシステムや製品を作り出し、誰も想像しなかった未来を現実にもたらした偉大なクリエイターだが、それはあくまでもアップルの社外の人から見たジョブズの姿であるとしたら、本来の彼は一体どのような人物だったのか。

スティーブ•ジョブズの知られざる半生の軌跡を描いた本作。実際のスティーブ•ジョブズに激似と話題のアシュトン•カッチャーが魅せる演技にも注目だ。【Movie Walker】