2年前の悔しさをバネにメジャーチャンプに上り詰めたダフナー(撮影:福田文平)

写真拡大

 全米プロ最終日。ジェイソン・ダフナーがウイニングパットを沈める姿を眺めながら、頭に浮かんできたのは2年前の全米プロのことだった。
松山と回ると優勝する!?ミケルソン、ウッズに続きダフナーも
 あれは11年大会の3日目の夜。コース近くのステーキハウスに行ったら、最終日を最終組で回ることになったダフナーと偶然出くわした。ダフナーの横にはフィアンセ(現在は妻)のアマンダが座っていた。ダフナーは今田竜二と二軍時代をともに過ごした親友だ。今田を取材する際、ダフナーはいつも近くにいたため、いつしか私も自然に親しくなっていた。そんなダフナーとせっかく決戦前夜に出くわしたのだから前祝いということで、彼らと一緒に記念写真を撮った。
 だが、翌日、ダフナーは首位を走っていながら終盤にスコアを落とし、プレーオフに持ち込まれてキーガン・ブラッドリーに惜敗。18番グリーン脇で茫然とたたずんでいたアマンダに「残念でしたね。次こそはジェイソンが勝ちますよ」と声をかけ、敗北会見を終えたダフナーにも同じように「残念だったね。次こそはアナタが勝つよね」と声をかけた。ダフナーもアマンダも「サンキュー」と答えるのが精一杯。それ以上の言葉を発すると、彼らも私も涙が溢れてしまいそうだった。
 その翌春、ダフナーは米ツアーで初優勝を挙げ、続けざまに2勝目も挙げ、その後も優勝争いを続けて一気に大ブレイク。アマンダとの結婚式も挙げ、成績もランクも私生活も、すべてを上昇させていったが、彼の飄々とした態度や姿勢は決して変わらなかった。
 記念写真を撮った前祝いが悪夢に変わったあの全米プロから2年が経過した今日の最終日。優勝会見で淡々と喜びを語るダフナーをアマンダは会見場の端っこの席からじっと見つめていた。
「アマンダ、これ覚えてる?」
 会見終了後。ステーキハウスで撮った写真をアマンダに見せると「懐かしい。もちろん覚えているわ。プレーオフで負ける前の晩でしょ?次の日にジェイソンは負けたけど、会見では『別にお葬式みたいな気持ちではない』なんて強がっていたのよね……」
 本当はお葬式みたいだったのだ。涙が止まらないほど悔しかったのだ。だが、ダフナーは必死に悔しさをこらえ、涙をこらえ続けていたのだとアマンダは言った。
 その悔しさが翌春からの大ブレイクにつながり、今大会の勝利へとつながったことは疑いようもない。「悔しさをバネにする」とは、こういうことだ。
 全米オープン、全英オープンと続けざまにトップ10入りを果たした松山英樹は今大会ではトップ10こそ逃したが、最終日の巻き返しでトップ20入り(19位)。松山も噛み締めた数々の悔しさをバネにしてきたからこそ今がある。
 11年のマスターズに初出場した後、「まだまだ世界では通用しないと言って悔しがった」と東北福祉大ゴルフ部の阿部監督が明かしてくれた。その悔しさを糧に努力と練習を積み、翌年のマスターズの出場権を掴んで再び挑んだが、最終日に崩れて悔し泣き。「あのマスターズのことがあったから……」だから頑張ってきたのだと今年の全米オープンで10位になった松山は明かした。
 それならば石川遼はどうか。とんとん拍子でプロになり、大スターになった石川が本当の意味で悔しさを噛み締めているのは「今」なのだと思う。米ツアーに正式メンバーとして参戦し始めた今年、不調に陥り、苦戦中。来季シード獲得が危うい状況にある今、傍らでは同い年の松山がメジャーで次々に好成績を残し、米ツアーへの道を一足飛びぐらいのスピードで快走中。そして松山は来季出場権をほぼ確定させたというのに、石川はシード落ちの危機のままだ。
 「英樹ならできるとと思ってた。でも(今は)そんなことより自分のことで精一杯」と言った石川の胸の中は、精一杯というよりも悔しさで一杯だったに違いない。その悔しさをバネにしてほしい。
 悔しさは強ければ強いほど、深ければ深いほど、優れたバネとして活用できるはず。ダフナーは、そうやって全米プロ覇者になった。
文 舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】夢見るからこそ「現実」を見る松山英樹
松山英樹、米ツアーシード“当確”!最終日猛チャージ19位タイ
石川遼、後半粘るもスコア落とし2オーバー29位タイ
各ツアー賞金ランキング
カメラマン自身がチョイスした特選写真!フォトグラファーズチョイス