写真提供:マイナビニュース

写真拡大

京都水族館は25日まで、「京都水族館の夏祭り」〜涼しい水族館で、夏を楽しもう。〜を開催している。

○金魚を通して夏の涼を感じられる空間に大変身

同イベントは、同館内「交流プラザ」が日本の夏の風物詩である金魚を通して、夏の涼を感じられる空間に変身するというもの。テーブルには更紗(さらさ)琉金やキャリコ流金などの金魚4種・約60点を展示する。

丸柱には金魚が泳ぐ姿を投影し、夏の涼を感じられる空間を演出。夏の風物詩、金魚がゆらゆら泳ぐ美しい姿とともに、一服の涼を届けるイベントとなっているという。

また、ワークショップ「アクアT シャツ」を開催。京都水族館で生活するペンギンやカメなどの生き物をデザインした「アクアスタンプ」を、白いTシャツに押して、自分だけのオリジナルT シャツをデザインできる。

田んぼの稲が大きく成長し、植物の緑も色濃くなってきた「京の里山ゾーン」では、「冷やしきゅうり」(200円)や「氷スカッシュ」(グレープフルーツ味/マンゴー味、各400円)など、「夏祭り」の雰囲気を盛り上げるメニューを販売。設置されたミストマシンが作り出す霧のシャワーが、涼しさを演出するという。

さらに、同イベントの期間中に浴衣などの和装で来館すると、入場料金(一般料金)が半額になるサマーキャンペーン「浴衣で行こう水族館!」も実施する。

開催期間は、8月10日〜25日。会場は、京都水族館(京都府京都市下京区観喜寺町35-1)。料金は、一般料金:大人2,000円、高校生1,500円、中・小学生1,000円、幼児(3歳以上)600円。その他、詳細は同館公式ページにて確認できる。

(エボル)