●紅葉狩り

(画像:「有頂天家族」公式Webサイトより)
©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族」製作委員会

●キャスト
下鴨矢三郎:櫻井孝宏
下鴨矢一郎:諏訪部順一
下鴨矢二郎:吉野裕行
下鴨矢四郎:中原麻衣
弁天(鈴木聡美):能登麻美子
母:井上喜久子
下鴨総一郎:石原凡
海星:佐倉綾音
赤玉先生:梅津秀行
夷川早雲:飛田展男
金閣:西地修哉
銀閣:畠山航輔
淀川教授:樋口武彦
岩屋山金光坊:清川元夢

●ストーリー
下鴨神社、糺ノ森に暮らす下鴨家。狸界の頭領であった父・総一郎は、ある日何の前触れもなく狸鍋にされたのだが、その経緯は今も謎に包まれていた。 

残された四兄弟のなかでも偉大な父の「阿呆の血」を色濃く継いだ三男・矢三郎は、生真面目だが土壇場に弱い長兄・矢一郎、蛙の姿で井戸にこもっている次兄・矢二郎、臆病ですぐに尻尾を出す末弟・矢四郎、そしてタカラヅカ命の母に囲まれて、「面白きことは良きことなり」を身上に、それなりに楽しく暮らしている。

隠居中の大天狗・赤玉先生の世話を焼いたり、神通力を得た人間の美女・弁天に振り回されたり、はたまた五山送り火の夜空で宿敵・夷川家と空中決戦を繰り広げる日々の果てに、突如下鴨家を襲う絶体絶命の危機!父が鍋にされた真相が明らかになるなか、固い絆で結ばれた一家の運命はいかに!
●弁天むかしがたり
弁天、いや当時の名前で鈴木聡美、彼女は正月に琵琶湖を散歩していたところを攫われてしまったのです。それから暫く後、彼女は師匠である赤玉先生を蹴り落とし、自由奔放に振る舞い金曜倶楽部へと入会し「弁天」の名前を頂戴したのです。

下鴨矢三郎「今の弁天に昔日の面影は無い。」
●淀川教授の思い出
屋根の上を歩き飛ぶ弁天を追い掛ける下鴨矢三郎と淀川教授。

淀川教授「弁天さん、貴方といったらアクティブだなあ。」
弁天「教授も御年の割には身軽ですわよ。」


ビルの屋上にある公園の紅葉を背景にして弁天と淀川教授の写真を撮影する下鴨矢三郎。

そして、淀川教授が語る弁天との初めての出会い。

若き日の弁天、檻の中にいる狸は下鴨総一郎(という事は数年前)。弁天としてはそんな思い出は忘れて欲しいようです。
●喰うからには美味く喰う!
弁天はお風呂に入る事を欲すると、すっと風のように消えます。下鴨矢三郎と淀川教授はビルの屋上に置き去り。

そこで淀川教授は持参した握り飯を下鴨矢三郎と食すも…。

下鴨矢三郎「先生は狸も喰うのですか?」
淀川教授「狸どころか喰うからには美味く喰う!」


下鴨矢三郎にとって弁天も淀川教授も父の敵ではあるのですが、どこか憎しみが生じない。それどころか親しみすら感じてしまうのです。
●父の敵を憎めないのは?
淀川教授は狸・下鴨総一郎を食する直前に彼と会話を試みます。下鴨総一郎が気にしていた事、

下鴨総一郎「自分は不味いのではないか?」

淀川教授はかつて下鴨総一郎の妻、つまり下鴨矢三郎の母を救った事を認識してはいないのですが、下鴨矢三郎はその事を察します。

そして彼は蛙に化け、下鴨矢二郎のいる井戸へ飛び込みます。

下鴨矢三郎「俺は父の敵である淀川教授や弁天様を憎めない。何故だろうか?」
下鴨矢二郎「それは阿呆の血が成らしめる事だよ。」


そんなものなのだろうか?と思いながら、月夜を眺める下鴨矢三郎なのでした。

「有頂天家族」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「有頂天家族」第5話「食べちゃいたいほど好きだから!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第4話「逃げの矢三郎」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第3話「空飛ぶ奥座敷」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第2話「狸の母、雷に怯える!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「有頂天家族」第1話「金曜倶楽部の弁天」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「有頂天家族」TVアニメ公式Webサイト