写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本ラジコン模型工業会は、9月16日〜17日、東京都江東区の東京ビッグサイトにて「東京ホビーショー2013」を開催する。

○日本が誇るホビーメーカーが東京ビッグサイトに集結

同イベントは、RC(ラジオコントロールモデル)、プラスチックモデル、ミニ四駆、エアーガン、ミニカーなどの男の子・男性向けの新商品や出展が行われるホビーイベント。今回は新たにスイーツデコレーションコーナーを設け、女の子・女性もより楽しめるイベントとした。9月16日の一般来場者には、先着500名に抽選でRCカーなどの賞品がプレゼントされる。

開催日時は9月16日9時〜18時、9月17日9時〜16時30分。場所は東京都江東区有明3丁目11番1号 東京ビッグサイト 西4ホール。入場料は1,000円(中学生以下無料)。

○多彩な同時開催イベントも展開

また同時開催イベントとして、同じく東京ビックサイト西4ホールにて、出展メーカー各車によるラジコンモデルのデモンストレーション飛行・走行を開催。

9月16日には、オリジナルのゴム動力飛行機「スカイキッズ号」の製作から飛行指導までを行う「こども模型飛行機教室」が開かれる。参加費は無料。1日3回(9時30分、12時15分、14時55分受付・各回25分間前後を予定)、各回定員は先着21名。対象は小学生以上で、小学3年生以下の子どもは保護者同伴。

「実車展示コーナー」では、フォードGPAやM151フォードマットなど、貴重な軍用小型汎用車両の実車を展示。記念写真を撮影できる。「スイーツデコレーションコーナー」は、粘土などの素材から本物そっくりのお菓子を作り上げるホビー「スイーツデコレーション」を体験できる。

「ラジコン操縦体験コーナー」では、RC(ラジコンモデル)の操縦体験が可能。「プラモデル工作教室コーナー」では、ジャパンカップ2013開催中の「ミニ四駆」を題材に、工作教室を行う。専門スタッフが親切に指導するほか、組み立てに必要な工具等は会場で用意するため、気軽に参加可能だという。開催時間、料金は未定。

「テリー佐原 アートギャラリー」は、イラストレーター・佐原輝夫のイラストレーションギャラリー。古き良き時代のレーシングカー、偉大なドライバーたち、バイク、飛行機、そしてRCやスケールモデル関連の作品など、多岐にわたる作品を展示する。屋上展示場では9月16日、「ミニ四駆ジャパンカップ2013」が開催される。雨天中止。

イベントの詳細は「東京ホビーショー2013公式ページ」を参照のこと。

(エボル)