統合・イベント・社会現象ほか 21銘柄 Vol.1
アベノミクス相場が続くとすれば、今後もガンホーやジェイアイエヌのような株価100倍、200倍銘柄が続出するはず。金融ジャーナリスト・岡村さんが?わらしべ長者〞のためのお宝株予備軍を各方面で徹底調査!


7月16日 「東証+大証」ついに始動!

8月29日、旧大証株はすごいことになる!
日本取引所誕生に伴い、7月16日に一本化された東証と大証。

「メリットが大きいのは間違いなく大証1部銘柄です」と語るのは金融ジャーナリストの岡村さん。その理由は、これまでTOPIXに組み込まれてこなかった大証銘柄に対して、TOPIXをベンチマークに株式運用している機関投資家の大規模買いが見込まれるから。

「TOPIX組み入れに伴うリバランスは8月29日、10月30日の2回に分けて行なわれる予定です。たとえば、大証1部の関西スーパーマーケットの株価は最近、全体相場の乱高下をものともせずに800円台に張り付いている。理由は、機関投資家が800円以下で売りが出るたびに少しずつ仕込んでいるからかもしれません。TOPIX組み入れに伴う機関投資家の潜在買い需要は、関西スーパーの場合で出来高1年分に相当するといわれています。だからこそ、日ごろ出来高が少ない大証1部銘柄の株式争奪合戦はすでに始まっているのです」と岡村さん。

大証というマイナー市場上場の会社が天下の東証に?昇格〞して、会社の知名度や社員のモチベーションが上がれば、業績アップ→株価の長期的上昇も見込めそうだ。

大証銘柄の指数組み入れは統合に伴って?必ず起こるイベント〞。安心して先回り買いできる!

棚ぼた元・大証10万円株5

関西スーパーマーケット(東証1部・9919)
863円/100株 8万6300円
大阪と本社を置く兵庫で存在感のあるスーパー。統合前は大証1部と東証2部に重複上場だった。市場統合による、TOPIX算入で買い。

六甲バター(東証1部・2266)
745円/100株 7万4500円
乳製品中堅。大証1部上場だった銘柄。TPP加入なら、乳製品関税引き下げもプラス材料に。株価は700円台で張りついている。

キング(東証1部・8118)
475円/100株 4万7500円
大証1部単独上場だった婦人服業者。専門店向けに中・高級品路線を貫く。過去5年は売上高は減少だが利益率は大幅上昇した。

小林産業(東証1部・8077)
272円/100株 2万7200円
建設用のボルト・ナットを主に扱う専門卸売業者。安倍政権による公共事業の増加で、今期売上高は200億円台乗せか。

新晃工業(東証1部・6458)
905円/100株 9万500円
大証に単独上場していた。知名度は高くはないものの、堅実経営と安定配当には定評があり、機関投資家による長期保有が多い。

岡村友哉
金融ジャーナリスト

証券会社、金融情報会社のアナリストを経て、独立。日経CNBC経済解説部コメンテーターを務め、日々テレビ出演。日経225先物市場やヘッジファンドなど外国人投資家の動向に精通。市場を席巻するアルゴリズム取引の実情にも詳しい。



この記事は「WEBネットマネー2013年9月号」に掲載されたものです。