GDPが年率2.6%増 3期連続プラス

ざっくり言うと

  • 物価変動の影響を除いた4〜6月期の実質GDPは1〜3月期に比べ0.6%増となった
  • 年率換算で2.6%増となり、3四半期連続でのプラス成長となった
  • 4〜6月期のGDPは、消費税増税を判断する重要な要因とされる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング