<全米プロゴルフ選手権 最終日◇11日◇オークヒルCC(7,163ヤード・パー70)>
 トータルイーブンパーの21位タイから最終日をスタートした石川遼は、2バーディ・4ボギーの“72”でスコアを2つ落としトータル2オーバーでフィニッシュした。
 石川は1番でボギーが先行すると、6番、8番でもスコアを落とす苦しい展開で前半を終える。後半はナイスパーセーブを繰り返しながら12番、16番と2つのバーディを奪うなど粘りのゴルフを見せていたが、最終18番をボギーとしてトータル2オーバーで4日間を終えた。
 石川と共に決勝ラウンドに進んでいる松山英樹は6バーディ・2ボギーの“66”でスコアを伸ばしトータル1アンダーでホールアウトしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>