<全米プロゴルフ選手権 最終日◇11日◇オークヒルCC(7,163ヤード・パー70)>
 米国男子メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の最終日。トータル3オーバーからスタートした松山英樹は、6バーディ・2ボギーの“66”と最終日に巻き返してトータル1アンダーでホールアウトした。
 松山は3番でボギーが先行するも6番でバーディを奪い返し、前半をパープレーで終えると後半に入って猛チャージをスタート。10番のバーディを皮切りに12番からは4連続バーディを奪って一気にスコアを伸ばした。
 16番はボギーとしたものの、最終ホールもナイスパーセーブを見せて来季の米ツアーシード確保へ大きく前進するラウンドとした。
<ゴルフ情報ALBA.Net>