●オルタスIII

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©入江君人・茨乃/富士見書房/神ない製作委員会

<キャスト>
アイ・アスティン:豊崎愛生
ハンプニーハンバート/キズナ・アスティン:浪川大輔
ハナ:佐藤利奈
スカー:能登麻美子
ユリー・サクマ・ドミートリエビッチ:藤原啓治
キリコ・ズブレスカ:柿原徹也
ウッラ・エウレウス・ヘクマティカ:小松未可子
アリス・カラー:内山昂輝
ディー・エンジー・ストラトミットス:喜多村英梨
ヨーキ:野島裕史
アンナ:渡辺明乃
ユート:丸山詠二
ヒコーツ:吉野裕行
ターニャ・スウェッジウッド:今井麻美
セリカ・ヘクマティカ、ヴォルラス・ファーレン:原紗友里
ミミータ・ゲーデンバーグ&メメポ・ゲーデンバーグ:加隈亜衣
ルン・サジタリウス:高橋未奈美
シャッド・ワルズ(ライオン):木村良平
強攻(レックス):浜田賢二
悪疫(ポックス):森なな子
紅雪(ディーヴァ):柚木涼香

●ストーリー
天地創造のすえ、神は15年前に世界を捨てた。それからというもの新たにもうけた命はなく、死者は……。 破綻している世界で死者へと安らぎを与える職業。それが、墓守だ。
●死の儀式
死霊都市・オルタスへやってきた、他に拠り所が無い生者を受け入れる儀式。それは彼等に死を与える事。

アイ「ウッラはこの事を知っているのでしょうか?彼女は生者ですから!」

当然ながらウッラは認識しているはず。それはウッラ自身が生者に対して死を与えているからです。
●真実を伝える
ライオンの仮面を付けた男、彼の名前はシャッド・ワルズ。彼は1年前まで生者であったのですが、15歳になったときに死者としてこの町に留まる事を決めたのです。

アイにはそんな彼の考えがどうしても納得出来ず、ウッラも自分自身の能力について認識していない(死者を生者として認識しているとしたら)と。

アイの推測についてキリコも同意しながらも、ウッラに対して真実を伝える事が正しいとは言えないと答えます。

アイ「それでも、それでも伝えなければ駄目なんです!」
●籠の鳥
アイはウッラに真実を伝えようと決意します。そして深夜、ウッラに会い、真実を伝えるアイ。

かつての死者の谷にいたときのアイとウッラの境遇が酷似しているがゆえ。それを聞いたウッラは、

ウッラ「(筆談で)私はコロシオハケなの?」

それを聞き出したウッラ、そして奥の部屋で待機していたキリコは…。

キリコ「ウッラ、君は全て知ってしまったんだね。」

ウッラ自身も自分の目が生者に何かを及ぼす事は分かっていました。しかしながら、今日までそれが何なのかは正確に認識していなかったようです。

ウッラは籠の鳥。しかしながら彼女はその籠の鳥である事を受け入れます。

そしてウッラの双子の姉、セリカ・ヘクマティカ。彼女は10年以上たっても赤子の姿のまま。しかし、スカーの来訪に寄って彼女の止まった時間が動き始めます。

スカー「この子は私の子です。」

そしてオルタスを去るアイ、スカー、ユリー。

「神さまのいない日曜日」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「神さまのいない日曜日」第5話「死を受け入れる生者」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神さまのいない日曜日」第4話「死霊都市・オルタス」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神さまのいない日曜日」第3話「アイの思い出」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神さまのいない日曜日」第2話「ハンプニーハンバート」(ネタばれ注意)
【アニメ】「神さまのいない日曜日」第1話「墓守アイ」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「神さまのいない日曜日」TVアニメ公式Webサイト
「神さまのいない日曜日」AT-X公式Webサイト