●星とともの果てに

(画像:「幻影ヲ駆ケル太陽」公式Webサイトより)
©sole;viola/Progetto 幻影太陽

<キャスト>
太陽あかり:門脇舞以
星河せいら:喜多村英梨
月詠るな:徳井青空
白金ぎんか:巽 悠衣子
エティア・ヴィスコンティ:遠藤 綾
アリエル・ヴァルティエル・ウェストコット:井上喜久子
プリシラ・トワイライト:青木瑠璃子
メルティナ・メルヴィス:東山奈央
天道いつき/むつみ/ななせ:種敦美
ラプラス:堀井茶渡
シュレディンガー:井澤詩織
心崎冬菜:佐倉綾音
太陽ひなた:久川綾
永瀧の母:内野真生
リムロ:高橋未奈美
華夢:近藤浩徳
岡倉清音:早見沙織
東山 夢:山本希望

●ストーリー
占い師だった亡き母に憧れタロットカードに夢中な日々をおくる太陽あかり、12歳。伯父夫婦と従姉妹の4人で暮らす平穏な日常に、それはゆっくりと忍び寄る。

ある夜、就寝中のあかりを魔物が襲う。
苦しみもがく中、タロットカードが宙に舞い、あかりは異空間に入り込む。手に握られた剣、煌煌と輝く太陽のタロットカード。その瞬間、世界が真っ白になり……

……覚醒したあかりが連れて来られたのは、セフィロ・フィオーレというタロット使いたちの育成機関だった隊長のエティアと副長のアリエル率いる部隊で特訓を受けることになったあかりは、新人部隊の仲間たち、せいら、ぎんか、るなの4人のチームで活動を開始することに激しい闘いの日々の中で、少女たちは戸惑いながらも、自分の運命と向き合っていくが……
●星河せいらの思い
ダエモニアと戦うプリシラとメルティナ。しかし、かなりの大苦戦、そこで星河せいらが援軍に駆け付けたおかげでピンチを脱します。

星河せいら「このチーム、連携が取れていて戦いやすかったです。」

星河せいらの現在のチームは結成して期間が短いのもあるのですが、太陽あかりがダエモニアの声を聞く事が出来るようになったため、チーム自体の連携にも何処か迷いが出ているようです。

星河せいら「私は彼女たちと同じチームなんて思った事は無い!」
●みのりとはなえ
いつも宇宙の本を読んでいる少女みのり。彼女は同じクラスでも孤立しているのですが、彼女の唯一の友達であるはなえとは仲良し。

そんな2人が帰り道、ディスカウント店に寄ると星河せいらと白金ぎんかと出会いますが…。

白金ぎんか「みのりは星にこだわりがあるんやなあ。」
星河せいら「こだわりがあるのは良い。」


白金ぎんかから見て、星河せいらが他人に同調するのは極めて珍しいそうです。それは彼女の心境にも微妙な変化が…。

そんな星河せいらへ携帯電話の着信が!

はなえ「ごめん、その携帯、みのりの携帯電話なんだ!」

翌日、その携帯電話をみのりに返す星河せいら。しかし、胸の病気で倒れるみのり。その病気は手術をしない治らないそうですが…。

かつて、友達まなみをダエモニアによって殺された星河せいら。そんな彼女に出来る事は…。
●友達を救うために悪魔に魂を売る
病気のみのりを救おうとするはなえに囁く謎の女性、それは…。

一方、星河せいらは太陽あかり達のチームを抜けたいと願い出るも、エティアによって一時保留となります。そこにみのりからの電話が…。

星河せいら達が向った先にいるダエモニア、それははなえがダエモニアに変化したもの。

はなえはみのりを救うために悪魔に魂を売り、ダエモニアになってしまったようです。

ダエモニアを殺す事に対して初めて躊躇する星河せいら。

太陽あかり「声を聞いたら殲滅出来ないなんて覚悟が足りないのよ!」

今まで星河せいらが彼女達に言い続けた台詞、それを彼女自身が聞かされる事になり…。

※結果的にみのりは救われたのですが、はなえは完全に消滅する事になります。

星河せいら「声を聞いたらまなみを裏切る事になる…。」

「幻影ヲ駆ケル太陽」、次回もお楽しみっ!


【ライター:清水サーシャ】


【関連記事リンク】
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第5話「本田のおっちゃん」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第4話「声なんて聞くから迷いが出る。」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第3話「ダエモニアの声」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第2話「太陽あかりの負い目」(ネタばれ注意)
【アニメ】「幻影ヲ駆ケル太陽」第1話「太陽あかりの覚醒」(ネタばれ注意)
▼外部リンク

「幻影ヲ駆ケル太陽」TVアニメ公式Webサイト