モデルのKate Moss(ケイト・モス)が、17年ぶりに男性誌の表紙を飾った。Kate Mossが登場したのは、イギリス版「Esquire(エスクァイア)」の2013年9月号。この他、60周年を迎える「Playboy(プレイボーイ)」の2014年1月号でもカバーガールを務めることが予定されている。

ケイト・モス、17年ぶりに男性誌の表紙にの画像を拡大

 ウィリアム王子とキャサリン妃の第一子、ジョージ王子の誕生に湧いたイギリスで、「Esquire」が打ち出した9月号のテーマは「Made In Britain」。表紙の撮影は、Kate Mossの長年の友人というフォトグラファーCraig McDean(クレイグ・マクディーン)とスタイリストのKate England(ケイト・イングランド)が担当した。女性誌をはじめ、「VERSACE(ヴェルサーチ)」や「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」、「rag & bone(ラグ & ボーン)」など様々なファッションブランドの広告塔としても活躍してきたKate Mossが、ジュエリーを散りばめたセクシーな衣装に身を包むビジュアルに仕上がっている。