<全米プロゴルフ選手権 3日目◇10日◇オークヒルCC(7,163ヤード・パー70)>
 今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の3日目。晴天に恵まれたが、難しいピン位置と硬くなったグリーン、風に多くの選手がスコアメイクに苦戦。昨日、コースレコードをマークし首位でスタートしたジェイソン・ダフナー(米国)は1つスコアを落としトータル8アンダーでホールアウトした。
J・フューリクのプロフィール
 代わりに首位に立ったのは5バーディ・3ボギーの68でラウンドしたベテラン、ジム・フューリク(米国)。難しいコンディションの中、スコアを2つ伸ばしトータル9アンダーでホールアウト。速くなったグリーンに「スピード感に慣れるのが大変だった」と序盤でスコアを落としたが、その後はナイスカムバック。持ち前の曲がらないショットと、アジャストしたパットで首位に浮上した。
 ダフナーは1打差の2位。2打差の3位にヘンリック・ステンソン、3打差の4位にはジョナス・ブリクストのスウェーデン勢が入った。昨年覇者のローリー・マキロイ(北アイルランド)が3つスコアを伸ばし一躍7位タイに浮上した。
 日本勢では石川遼が粘りのプレーをみせイーブンパーでラウンド。トータルイーブンパー、21位タイにつけた。松山英樹はショット、パット共に安定せず3つ落としトータル3オーバー38位タイに順位を落とした。

【3日目の順位】
1位:ジム・フューリク(-9)
2位:ジェイソン・ダフナー(-8)
3位:ヘンリック・ステンソン(-7)
4位:ジョナス・ブリクスト(-6)
5位T:アダム・スコット(-5)
5位T:スティーブ・ストリッカー(-5)
7位T:リー・ウェストウッド(-3)
7位T:ローリー・マキロイ(-3)
21位T:石川遼(E)他6名
38位T:松山英樹(+3)他9名
48位T:タイガー・ウッズ(+4)他3名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
「全米プロ」のリーダーズボードで最新スコアをチェック!
最新のゴルフギア情報&試打レポート
美人ゴルファーを紹介する「今日の美ゴ女」更新!