写真提供:マイナビニュース

写真拡大

今回で84回目を迎える、世界最大級の同人誌即売会「コミックマーケット」(通称:コミケ)が、8月10日より東京ビッグサイトで開幕した。

コミケは、多くの漫画・アニメ・ゲームなどの愛好家(サークル)が自主制作したマンガやゲームなどの作品を頒布する夏と冬の年2回開催する同人即売会。初日の10日は、最低気温が29度、日中の最高気温は37度以上となり、20万人近い参加者が集まる会場は40度を超える気温となっていた。

近年は、開催する3日間で50万人以上が参加する世界最大級のイベントで、趣味の個人以外にも、アニメ制作会社や出版社、ゲーム会社といった企業がブースを出展する。今回のコミケに出展する企業には、マイクロソフトやサントリー、雪印メグミルクといった企業もブースを出展。世界中で愛好者がいるアニメやゲームのキャラクターに扮装するコスプレを楽しむファンも数多く参加しており、会場の至るところでコスプレをした参加者の姿を見られる。

コミケを主催・運営するコミックマーケット準備会は、明日以降も猛暑が続くことから、参加者は熱中症対策にイベント中も水分補給をこまめに行うなど、体調管理に気をつけるよう呼びかけを行っていた。コミケは10日〜12日までの計3日間にわたって行われる。