中国政府・衛生部の黄潔夫副部長(副大臣)は21日、広東省広州市の中山大学第三付属医院(病院)で、肝臓移植手術の主任執刀医を務めた。中国が2010年3月2日に臓器提供テスト事業(DCD)を初めて以来の肝臓移植手術で、今後のモデルケースとなるという。(写真は「CNSPHOTO」提供)サーチナ

脳死判定の心臓、10代男性に移植

ざっくり言うと

  • 10日、東大病院で10代男性の心臓の移植手術が行われた
  • ドナーは、9日に長崎大病院で脳死と判定された10代前半の女の子
  • 15歳未満の脳死判定は3例目で、男性の経過は良好とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング