ノーボギーでラウンドの野村!2勝目を狙う(撮影:米山聡明)

写真拡大

<meiji カップ 2日目◇10日◇札幌国際CC島松コース(6,498ヤード・パー72)>
 北海道にある札幌国際カントリークラブ島松コースを舞台に開催中の国内女子ツアー「meiji カップ」。初日とは打って変わり、曇り空のプレーしやすい天候となった2日目。5バーディノーボギーの“67”をマークして5つスコアを伸ばした野村敏京がナ・ダエ(韓国)と並び首位タイに浮上した。

 この日の野村は好調なティショットを武器にバーディを量産。この日マークした5つのバーディがいずれも3メートル以内の短い距離であったことを考えても、ショットの好調さが窺える。後半に入ってからは強さを増す風の前に幾度かのピンチを迎えたがいずれもパーセーブに成功。上位につける選手の中で唯一ノーボギーのゴルフを展開して首位タイに躍り出た。
 今季の野村はシーズン序盤は「アクサレディス」で単独2位に入るなど活躍。しかしその後は肩のケガやそれに伴うメンタルの落ち込みにより棄権や予選落ちなど成績は下降していた。しかし、バックスイングを修正するなどの工夫で肩のケガを克服、さらにゴルフの調子自体も上がってきた。そして先月の「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」では11位タイとベスト10こそ逃したが成績も上昇傾向にある。
 そのような状況の中での今大会の好位置。野村自身は「優勝したい気持ちよりも自分の思うようなゴルフがしたい気持ちが強いです」と優勝は意識せずに自分のゴルフに集中する意向だ。2011年以来遠ざかっているツアー2勝目をつかむことができるか。また野村は今季の終盤には米国女子ツアーQTの受験も予定しており、今大会で優勝をつかむことができれば大いに弾みがつくだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
「meiji カップ」上位にひしめく初優勝を目指す選手たち
「全米プロ」の2日目の結果はここから!
雑誌未公開カットも!?AKB山内鈴蘭ギャラリー
ゴルフが好きな美人を紹介する「美ゴ女」続々と更新
各ツアー賞金ランキング