手が届きそうで届かない初優勝!今度こそは(撮影:米山聡明)

写真拡大

<meiji カップ 2日目◇10日◇札幌国際CC島松コース(6,498ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「meiji カップ」の2日目。最高気温25.3度の過ごしやすい好天に恵まれたこの日は多くの選手がビッグスコアをマークして上位進出を果たした。その中には悲願のツアー初優勝を目指す選手も少なくない。

 中盤の4連続など6つのバーディを奪い首位と3打差の5位タイにつけた下村真由美もその1人。下村は先月の「日医工女子オープン」で1打差の単独2位に入るなど初優勝まであと一歩のところまできている。今大会では新しく使用を開始したマレット型のパターが絶好調。初日はティショットが安定せずに出遅れたが、2日目はそれを見事に修正し巻き返してみせた。明日は最終組の1つ前から虎視眈々と初優勝を狙う。
 トータル5アンダー3位タイにつけるテレサ・ルー(台湾)も初優勝を切望する1人。ルーは今季の「ヤマハレディースオープン葛城」でプレーオフに進出しての2位タイをはじめ5度のベスト10を記録するなど初優勝はすぐそこまできている。この日4連続バーディをマークした爆発力が最終日にも発揮されれば、逆転での初優勝も見えてくるだろう。
 野村敏京と並んで首位タイにつけるナ・ダエ(韓国)もまた初優勝を目指す1人。日本ツアーに参戦して5年目となるダエだが、これまでシード権を獲得したことはない。今季はここまで賞金約1,250万円を獲得し、賞金ランクも43位と初のシード入りは間近にまで引き寄せているが、初優勝でのシード権獲得となれば言うことはない。
 初優勝を目指す選手たちが強い気持ちで栄冠をもぎ取るのか。それとも野村、フォン・シャンシャン(中国)といった経験値の違いを見せつけるのか。最終日にどのようなドラマが待ち受けるのか大いに注目していきたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
全英帰りの森田と比嘉、共に3オーバー予選落ち
「全米プロ」の2日目の結果はここから
雑誌未公開カットも!?AKB山内鈴蘭ギャラリー
ゴルフ好きな美女を紹介!「今日の美ゴ女」
各ツアー賞金ランキング