美女と野獣カップル? 可愛いコがブサメンと付き合う3つの理由

写真拡大

【相談者:20代女性】
中学時代から学年のマドンナ的な存在だった友達がいます。友達の私から見ても可愛いですし、男性からもずっとモテモテの人生を歩んできた子です。そんな友達に彼氏ができたそうなのですが、初めて紹介してもらったときに正直ビックリしてしまいました。その彼氏がすごくブサイクなうえに、ひとまわり以上年上のオッサンだったのです。

あとで彼女に、「どうしてあの人と付き合ったの?」と聞くと、「どうしても何も好きだからだよ」とあっさり言われてしまいました。確かに男は顔だけじゃないってことはわかっていますが、彼女くらいの可愛い子ならもっと素敵な男性がいっぱいいるはずなのに……と、勝手に思ってしまいました。彼女以外でも、美人なのに彼氏がブサメンという女性を街中などで結構見る気がします。どうして美人はブサメンを選ぶことが多いのでしょうか?

●A.見た目がブサメンというだけで、彼らは中身がイケメンなのです。

ご質問ありがとうございます。コラムニストのLISAです。

確かにいますよね〜。なぜか、ルックスがアンバランスなカップル(笑)。当事者たちには、大きなお世話だと言われてしまいそうですが、「まさに、美女と野獣だ!」と叫びたくなってしまうようなカップルを、私も今までにたくさん見てきました。

しかし、それを見ていて気が付いたのは、当の本人たちが本当に幸せそうなこと。そして、そのようなカップルは、結婚までたどり着いて幸せなゴールを迎える場合が多いのです。

しかし、綺麗な女性がブサメンの男性に惹かれてしまう理由って何なのでしょうか? 実際に、5年以上彼女無しの生活を送り、その後、美人な彼女を捕まえて結婚までたどりついた男性にお話を聞いてみました(奥さんにもお会いしましたが、本当にお綺麗な方でした!)。

そんな美女と野獣カップルのお話を参考に、彼女たちが惹かれる理由を学んでいきましょう。

●ブサメンは意外にも中身がイケメン

ただカッコイイというだけで、イケメンの周りには女の子が勝手に寄ってきます。ですので、彼らは、モテるための努力なんて一切しません(だから、実際に付き合うと女の子からガッカリされる場合が多いのですけどね)。でも、見た目で損をするタイプの男性は、トーク力が高かったり、女性の気持ちを理解してくれるといった方が多いのです。

今回お話を伺った男性もまさにそのタイプ! 見た目はちょっとチビデブなのですが、コミュニティー能力が人一倍すぐれているので、常にグループの中心にいるのです。彼が話していると、その場にいるみんなが笑顔になります。

美人女優とお笑い芸人さんが結婚したニュースなどをよく耳にしますが、このような話を聞くと何だかそれも納得できます。

●実はかなりの肉食男子タイプ

草食男子が増えてきたなどと言われていますが、女性のほとんどは、なんだかんだ言ってやっぱり肉食男子が好きなはず。実は、ブサメンだと言われている彼らって、意外にも肉食タイプの男性が多いのです(自分からアプローチをしなければ、彼女なんてできないと、ちょっとしたプレッシャーがあるんだとか……)。

もちろん、一度、告白して失敗したくらいじゃ諦めません。女性側も、一度、告白されたことがキッカケで相手の男性を意識し始めることもありますからね。

ちなみに、今回お話を伺った彼は、計3回告白をしたのだとか。完全なる粘り勝ちですね!

●胸を張って自慢できる部分をひとつは持っている

ここまで読むと、見た目ではなく、中身で勝負しているんだということがよくわかると思います。今回、彼女側にもお話を伺ってみると、彼の純粋で真面目な部分に惹かれたのだそうです。ちょっとしたことでも子供のようにハシャいだり、困っている友だちを見て、自分のことのように真剣に悩んでいる姿を見て、「この人とならうまくやっていけるかも」と思ったのだとか。彼自身も、自分の長所を「真っ直ぐなこと」と答えています。

このように、何かひとつ、胸を張って言えるものがある男性は、女性からしてもとても格好良く見えるはずです。

*****

美人というだけで、さまざまなタイプの男性からチヤホヤされてきたであろう女性は、多くの男性を見てきた結果、見た目ではなく中身がイケメンの男性を選ぶのですね。

ですので、世の男性のみなさん、素敵な彼女を捕まえたいのであれば、“中身をイケメン”にするように努力をしていきましょう!

(ライタープロフィール)
LISA(女ゴコロ専門家)/コラムニスト 兼 恋愛作家。アパレル企業での販売・営業、ホステス、パーティーレセプタントを経て、会話術のノウハウをいちから学ぶ。その後、これまでの経験を活かすため、フリーランスへ転身。ファッションや恋愛心理に関する連載コラムをはじめ、エッセイや小説、メディア取材など幅広い分野で活動中。