アクセ感覚でサンダルをカスタム「リンゼイ・フィリップス」が人気

写真拡大

 今年4月に上陸したフロリダ生まれのアクセサリーシューズブランド「Lindsay Phillips(リンゼイ・フィリップス)」が、人気を集めている。「ソールを替えずにLookを変えよう」をコンセプトにストラップやスナップと呼ばれるアクセサリーを自由に付け替えることができ、カスタムする楽しさや履きやすさから親子連れなどを中心に支持を獲得。今夏は、期間限定の特設コーナー展開が多数計画されている。

着せ替え可能サンダルが人気の画像を拡大

 「Lindsay Phillips」は、創業者のリンゼイ・フィリップスが高校時代のアートプロジェクトをきっかけに、2007年から本格的に製造販売をスタート。アクセサリー感覚で鼻緒とトップをカスタマイズできる「スイッチフロップス」というサンダルシリーズをメインに、手頃な価格のサンダルを提供している。

 「Lindsay Phillips」の国内展開は今春から本格的に開始され、「7月は1店舗1日あたり30〜50足ほどの売れ行きで、売上は前月比3倍程度に伸びている」(Lindsay Phillips 担当者)という。港北東急SCにある日本唯一の直営店では、ヤングミセスのリピーターが目立つほか、ストラップやスナップを交換し合う親子連れの客足も伸びている。

 夏期限定特設コーナーは、松屋浅草(〜8月14日)や岩田屋三越(〜8月19日)、マルイジャム渋谷(〜8月25日)、恵比寿三越店(8月23日〜9月19日)などに出店。今年5月にオープンした港北東急SCの直営1号店は、来年7月までの営業が予定されている。

■Lindsay Phillips
 http://www.lindsay-phillips.co.jp/