「原爆の父」英博士が米国批判

ざっくり言うと

  • 「原爆の父」と呼ばれた英の博士が、日本への投下後に米を批判していたことがわかった
  • 英公文書館に保管されていた文書でわかった
  • 投下から約4ヶ月後に「米国は放射線被害を過小評価している」と非難している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング