日本の写真家9名による「TOKYO 1970」アルマーニ銀座で写真展開催

写真拡大

 1970年代に活躍した日本のフォトグラファーにスポットを当てる写真展「『TOKYO 1970』by Japanese photographers 9」が、アルマーニ / 銀座タワーで開催される。森山大道や寺山修司、立木義浩ら9名の作品が出展。会期は10月5日から29日までが予定されている。

アルマーニ銀座で森山大道ら9名の写真展の画像を拡大

 日本の戦後写真が世界的に注目されている現在、「『TOKYO 1970』by Japanese photographers 9」では政治や文化的側面を背景に、特に個性あるフォトグラファーを輩出した1970年代にフィーチャー。森山大道、寺山修司、立木義浩、沢渡朔、須田一政、内藤正敏、中平卓馬、細江英公、渡辺克巳による約300点の写真が、9階のイベントホールに展示される。なお、期間中にはフォトグラファーと交流することができるトークショーやワークショップの開催も予定されている。

■「TOKYO 1970」by Japanese photographers 9
 期間:2013年10月5日(土)〜10月29日(火)
 時間:月〜金 11時〜20時 土・日・祝 11時〜18時
 場所:アルマーニ / 銀座タワー 9階 イベントホール
 住所:東京都中央区銀座5-5-4 
 キュレーター:長澤章生(Akio Nagasawa Publishing)
 主催:株式会社アマナホールディングス
 特別協賛:ジョルジオ アルマーニ ジャパン株式会社
 入場料:800円
 ※展示作品は購入可。