この日“63”と爆発したダフナー!最高の位置で決勝Rへ(撮影:福田文平)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 2日目◇9日◇オークヒルCC(7,163ヤード・パー70)>
 今季最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」の2日目。2アンダー11位タイから出たジェイソン・ダフナー(米国)が1イーグル・5バーディの“63”と爆発。スコアを7つ伸ばしトータル9アンダー単独首位に立った。2打差の2位には今季の「マスターズ」チャンピオン、アダム・スコット(オーストラリア)らがつけた。
 ダフナーは2番でセカンドショットを入れイーグルを奪取。4番から連続バーディを奪い、スコアを4つ伸ばして折り返す。後半も11番パー3でバーディを先行させると、その後も2つのバーディを奪取。最終18番でバーディを奪えば4大メジャーの最少スコア記録62をマークできたが、チャンスにつけるもバーディパットはショート。記録達成はならなかったが、2位に2打差をつけ最高の位置で決勝ラウンドへ駒を進めた。なお、ダフナーは松山英樹と予選ラウンド2日間同組。「全英オープン」、「ブリヂストン招待」で松山と予選を戦った選手が優勝しているが、ダフナーが3人目となるか。
 その松山は石川遼と並びトータルイーブンパー28位でフィニッシュ。日本の若武者2人が予選を突破、残り2日間でどれだけ上位との差を縮められるか注目だ。藤田寛之はトータル7オーバー、井戸木鴻樹はトータル8オーバーで予選落ちとなってしまった。
【2日目の順位】
1位:ジェイソン・ダフナー(-9)
2位T:アダム・スコット(-7)
2位T:マット・クーチャー(-7)
2位T:ジム・フューリク(-7)
5位T:ジャスティン・ローズ(-6)
5位T:ヘンリック・ステンソン(-6)
7位T:ロバート・ギャリガス(-5)
7位T:スティーブ・ストリッカー(-5)
9位T:ウェブ・シンプソン(-4)他3名
28位T:松山英樹(E)
28位T:石川遼(E)
28位T:ローリー・マキロイ(E)他7名
38位T:タイガー・ウッズ(+1)他11名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
「全米プロ」のリーダー^ズボード
「全米プロ」のニュースをまとめて!
最新のゴルフギア情報&試打レポートをチェック!
美人トレーナーが登場!「美ゴ女」
AKB48山内鈴蘭の特撰フォトギャラリー