“貞子店長”レジで商品手渡し、悲鳴の中で一部「かわいい」の声も。

写真拡大

8月30日より公開の映画「貞子 3D2」を代表するキャラクター・貞子が8月9日、ロッテリアとのコラボで生まれた「貞子ときっとク〜ルシェ〜キ」の発売を記念して、ロッテリア池袋東口店の一日店長に就任した。

このイベントは、この夏、貞子がさまざまな場所に出没し呼びかけている、環境省が推進する夏の地球温暖化防止施策「貞子ときっとク〜ル計画」のクールシェア場所として、ロッテリア池袋東口店を活用。池袋を行き交う人たちに、夏の新商品「貞子ときっとク〜ルシェ〜キ」を飲みながら猛暑の夏を乗り切って欲しいとの趣旨で行われた。

イベントが始まると、貞子は店舗のレジに特別に設置されたテレビの後ろでスタンバイ。すでに行列をなしていた人たちに、テレビから飛び出して一人一人に「貞子ときっとク〜ルシェ〜キ」を直接プレゼントした。

貞子から商品を受け取った人たちは、「怖い!」「キャー!」という悲鳴をあげながらも、貞子と握手したり、記念撮影をしたりして楽しんでいたようだ。

さらにレジでの業務を終えた貞子は、大通りに面した店舗のガラス壁面を利用したパフォーマンスを実施。本作の主題歌である、東方神起の「SCREAM」をBGMに、「長い髪が邪魔をしてシェーキが飲めない貞子」「ロッテリアのスタッフの帽子をかぶる貞子」など、さまざまなシチュエーションのパフォーマンスを披露、最後にはガラスについた自分の指紋を丁寧に拭きとるという一日店長らしい責任感も見せた。

多数の報道陣、そして若い女性を中心とした見物人からは、「キャー!」という悲鳴はもちろん、一部「かわいい〜!」「細い〜!」という歓声もあがり、大盛り上がりのイベントとなった。

今回の一日店長について貞子は「今日は、名誉ある一日店長ということで、井戸をロッテリアさんに埋める意気込みでやってまいりました。池袋発で地球をク〜ルにしちゃいます!みんな来てね♪」(※貞子は普段喋らないので、映画のスタッフが翻訳したもの)とコメントを寄せている。

映画「貞子 3D2」は8月30日(金)より全国ロードショー。