男女で重ねて使う新しい香り「レイヤードフレグランス」デビュー

写真拡大

 気品とラグジュアリー、そしてさりげない色気をキーワードに男女で重ねて使う新しい香りの愉しみ方を提案するフレグランス「LAYERED FRAGRANCE(レイヤードフレグランス)」が、8月にデビューした。ファーストコレクションは、雑誌「LEON(レオン)」や「OCEANS(オーシャンズ)」の創刊に携わり、今後は「Sette Mari(セッテ・マーリ)」をスタートさせるクリエイティブディクレター干場義雅(ほしばよしまさ)氏の哲学をフレグランスに置き換えた4つの香りをそろえる。

男女で重ねて使う新しい香り発表の画像を拡大

 香りを楽しみ尽くすという発想から生まれた「LAYERED FRAGRANCE」は、香水メーカーのscentnations(セントネーションズ)とモテるオヤジやちょいワルブームの立役者として活躍してきた干場氏が、南フランスの調香師と共に制作。「LAYERED FRAGRANCE」は香りのフィールドを「Men and women」と「Fabric」、そして「Interior and space」に分類し、それぞれ30cmと1m、空間(3m)の3つの「距離感」が人の香りを感じられるオケージョンと設定。オケージョンで香りを使い分けることで香りが何層にもレイヤードされている状態をイメージし、シャツの上にジャケットを羽織る、ドレスの上にファーを纏うといったファッションコーディネートを楽しむ感覚で、自身をより魅力的に演出するためのツールとして香りを提案する。

 ボトルは極力無駄のないシンプルなデザインを採用し、デビュー時は「香りを重ねる」をコンセプトに、ミステリアスミックスとレモンピール、ホワイトムスク、ローズ&ミュゲの4種の香りを展開。8月5日からボディスプレーとクリームの販売をECサイト「scent i land」でスタートしており、デイリーユースで使用してもらいたいという思いから、それぞれ3,990円、3,570円(共に税込)と手頃な価格帯に設定している。

 8月9日には代官山でリリースパーティーが開かれ、干場氏が出席。また、同席したscentnationsの代表取締役 石坂将(いしざかしょう)氏は「異なる香りを重ねづけして楽しんでほしい」と話し、「重なり合うたびセクシーに、肌に近づくほどにミステリアス」という「LAYERED FRAGRANCE」の魅力を紹介した。

■scent i land
 http://i.a.perfume.scentnations.com/