_J5I4614.jpgフランス人デザイナーFrancois Russo(フランソワ・ルッソ)が2008年に設立し、2009年の春から販売を開始した『MAISON TAKUYA(メゾンタクヤ)』が8月14日(水)から8月25日(日)までの期間限定で、銀座三越にてポップアップストアを開催します。
 
 
 
(写真は、『MAISON TAKUYA』の代表作でもあるiPhoneケース)
 「一分の妥協も許さない、完璧な皮革製品を作りたい。 そして、今、徐々に失われつつある“完璧な本革製品”作りを無くすことなく、未来に向けて継承し、発展させたい」という強い想いから生れたブランド、それが『MAISON TAKUYA』です。 国や地域の違いを超え、世界中の優れた技術を集結し、新たなレザーグッズのブランドを打ち立てるという夢を実現しようと生まれました。 
成長著しいアジアの拠点都市、シンガポールに本拠地を有し、自社工場をアジアのイタリアと言われる、発展目覚ましいタイに設立。 優れた資質を持つ若い人材に高度な技術を伝授・育成し、100%自社生産体制のもと、新しいラグジュアリーアイテムの物づくりへの道を拓く集団たらんと、自らを位置づけています。 アジアと欧州で培われた技術、世界中からのインスピレーション、そして、フランスのデザインという3つの要素の影響を常に 受けながら、「革」の世界で、新時代のラグジュアリーアイテムを展開することが、『MAISON TAKUYA』のモットーです。 多くのラグジュアリーブランドのレザーグッズの展開が、品質本位というよりも、むしろ、製品が伝えるイメージが重視される中で、クオリティのあくなき探求と、一切の妥協のないモダティの表現追求を最重視しています。 



_MG_4952.jpg
若い人材に伝統にのっとったハンドメイド・レザーグッズの高度な製作技術を伝授・育成し、
100%自社生産体制のもと、新しいラグジュアリーアイテムを展開する『MAISON TAKUYA』。


 
ルッソは、内装や店舗設計、プロダクトデザインで世界的に著名なフランスのAndrée Putman(アンドレ・プットマン)社の 共同経営者という前職を通じ、数々のラグジュアリーブランドのプロデュースやアートディレクションに深く携わり、また、インテリア、並びに、プロダクトデザイナーとしても、クリエイティブで国際的な活動を展開してきました。そんなルッソが母国フランスで、高級な品質本位の革製品が姿を消しつつあることへの憂いを深めていました。また、マーケティングや広告に偏重するビジネスのあり方にも疑問を抱き、「クオリティ本位」のラグジュアリービジネスを展開したいとの想いを強くし、『MAISON TAKUYA』の設立に至りました。『MAISON TAKUYA』ではクラシックなレザーアイテムは勿論ですが、ITシーンを初めとした現代生活に適応する、モダニ ティ溢れた新しい高級皮革の展開を重視し、次々と新作を発表しています。
昨今の欧州のラグジュアリーブランドでも、完全なハンドメイドの革製品が姿を消しつつある中で、1点1点手作りの味わい溢れた、モダンでセンスあふれる逸品を揃えています。 世界的な成功をおさめているiPhoneケースに代表されるモバイル系のデバイスに、テクノロジーとは対極にあるワニ革やオーストリッチ等の高級レザーや、上質なヤギ革やカーフなどをぜいたくに使い、天然の質感豊かなアイテムを、60種類以上の色、革のバリエーションで展開しています。 発売より約4年で『MAISON TAKUYA』の展開は、日本、アメリカ、フランス、シンガポールを初めとする、世界17カ国に広がっており、パリのコレット、ニューヨークのバーグドルフ・グッドマンズなど国際的にも著名な高級ショップで展開されています。 2011年秋には革小物ラインの本格展開をスタートし、同時に阪急MEN’STOKYOの1Fにコーナーを出店。 2012年には伊勢丹メンズ館1Fでの展開も実現し、ますますの拡大を遂げています。
 


_J5I4496.jpg品質を一番に考え、レザーは誰もが知る某高級馬具メーカーのものを使用。
 

 
【FRANCOIS RUSSO (フランソワ・ルッソ)】
フランス生まれ。アートディレクター、写真家、そして、インテリア&プロダクト・デザイナーと多彩な顔を持つフランス人。Cartier にてキャリアをスタート、Cartier 社による ISMT(ラグジュアリーマーケティング高等インスティテューション)の設立に関わり、その後、L’Oreal のマーケティング部に転身後、1991年にフランス造幣局の国際部のディテクターに就任。フランスの古い通貨や、代表的な芸術作品を商材としたプロジェクトに関わり、各国での展開を担当する。1995 年を転機として、デザインとクリエイティブディレクションにキャリアを移し、フランス代理店大手のHavas Advertisingにて、コンサルティングとアートディレクションの両面を融合した活動を通じ、数々のヨーロッパのラグジュアリーブランドにかかわる。2001年には独立・起業し、アートディレクション、フォトグラファー、インテリアデザインの分野に集中して活動を展開。ラグジュアリーブランドに関するエキスパートとしての信頼も集め、1999年には、スイスのプライベートバンクであるLombard Odierのアドバイザーに就任。2003年に、フランスインテリアデザイン界の大御所であると同時に20年来の友人でもあった、Andrée Putman(アンドレ・プットマン)女史に乞われ、Andrée Putman 社の共同経営者に就任。同社の経営を統括し、世界中で活動を展開。同社でのファーストプロジェクトとして、LVMH グループのGuerlainのシャンゼリゼの旗艦店をデザイン。この他、高級レジデンスである The Putman Hong Kong やミュンヘンのSpa of Hotel Bayerischer Hof などのホテルの内装、Helena RubinsteinやAnne Fontaineの旗艦店やコーナーコンセプトの設計、プライベートレジデンス、バーゼルのNovartis 本社の内装デザイン、CappelliniやPoltrona Frau, Pleyel, Reflex などの家具のデザイン、Christofle, Montblanc, Luois Vuitton の単品プロダクトのデザインや、コンサルティングに携わる。2005年には Chanel社のパルファン及びウォッチ部門のアートディレクターであったJacque Helleu(ジャック・エリュ)氏の依頼を受け、Chanelとデザインコンサルタント契約を締結。 2007年のHellue氏の急逝後、同氏を偲び、翌年、イタリアのPoltrona Fran社よりHellue Chairを発表。家具のデザイナーとしても注目を集める。2008年『MAISON TAKUYA』を起業。新しいラグジュアリービジネスのあり方を問い、失われつつある完全手製の高級皮革製品の復活を旗印に、同ブランドのオーナーデザイナーとして、ブランドマネージメントに情熱を注いでいる。



_J5I4450.jpg
2008年に『MAISON TAKUYA』を起業したフランソワ・ルッソ。
 
 
 
【メゾンタクヤ IT ライン コレクション】
■iPhone5背面ケース 
■iPhone5 コンボケース
■Galaxy Note2 背面ケース
■Galaxy Note2 コンボケース
■iPad Mini 背面ケース
■New iPad 各種ケース


_MG_4906.jpgiPhone5背面ケースはジャーマンシュランケンカーフやゴート、
ワニ革、オーストリッチ、スティングレーなど多数の素材を組み合わせて作ることもできる。


_J5I4480.jpgiPhoneケース以外にGalaxy Note2やiPad、iPad miniケースも展開。



【MAISON TAKUYA 革小物 コレクション】
■長財布
■2つ折財布
■小銭入れ
■名刺入れ



_MG_4935.jpg
財布でもしっかりと丁寧にコバの処理がされている。



_J5I4476.jpgレザーの鮮やかさが魅力のひとつの『MAISON TAKUYA』。



_MG_4912.jpg色展開が豊富なのも魅力の1つ。カラーオーダー(期間限定)の場合、
数百種類の組み合わせを楽しむことができる。


 
【メゾンタクヤ バッグ コレクション】
トートバッグ・ソフトート
ビジネスバッグ



_J5I4435.jpgカーフでもクロコでもトートバッグは1枚革仕立てに。


 
一言にハンドメイドといいますが、あらゆる分野でIT化や機械化が進行する中、質の高い完全手作業の物作りを実現することは容易ではありません。完全ハンドメイドの妥協のないレザーグッズの製作をめざすという目的の達成の為、フランソワ・ルッソは活動拠点をアジアに置く決意をしました。そして、生産拠点として、アジアのイタリアという呼び声高いタイに、100%自社工場を設立、タイの若者達に丁寧で質の高い革製品の製作技術を直伝したのです。その技術顧問としては、フランス皮革業界の人間国宝とも言われるPierre Gerber(ピエール・ジェルベール)氏をはじめとする、欧州や日本で活躍する人々が、フランソワ・ルッソの理念に共鳴し、スタッフの技術指導にあたってきています。現在、チェンマイにあるMAISON TAKUYA の工場には150名に及ぶ現地の若者たちが商品製作、及び、世界各国への展開の為に大きなエネルギーをそそいでいます。フェアトレード精神にのっとり、ビジネスの成長と共に、現地の人々のためにもMAISON TAKUYA をタイの新たな産業として育てていきます。2011年春にはシンガポールに MAISON TAKUYA CO PTE LTD を設立し、生長著しいアジアの拠点として、ブランドマネージメントの発展、拡大をめざしています。


【『MAISON TAKUYA』 概要】
■店舗:・伊勢丹新宿店メンズ館 1階 メゾン タクヤコーナー
      〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目14-16
    ・阪急MEN'S TOKYO 1階 メゾン タクヤコーナー
     〒100-8488 東京都千代田区有楽町2-5-1
    ・阪急MEN'S OSAKA 1階 メゾン タクヤコーナー
     〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町7-10 

【『MAISON TAKUYA』ポップアップストア 概要】
■開催日:8月14日(水)〜8月25日(日)
■開催場所:銀座三越 6F

 【問】ファーレ tel:03-5464-6993
 URL:http://www.maisontakuya.jp
 Facebook:https://www.facebook.com/maison.takuya.japan


■関連記事
エトロの『カスタマイズド・タイ』第3弾が登場!
FENDIの秋冬コレクションの広告キャンペーンのカメラマンはカール・ラガーフェルド!
ハンティング・ワールドが8月2日から9月末まで 「バチュー サーパス」パーソナルオーダー会開催