<meiji カップ 初日◇9日◇札幌国際CC島松コース(6,498ヤード・パー72)>
 北海道にある札幌国際カントリークラブ島松コースを舞台に国内女子ツアー「meiji カップ」が開幕。朝から雨が降り続き、風も時折強く吹き付けるタフな状況の中でのプレーを強いられた初日。6バーディ2ボギーの“68”をマークして首位と1打差の2位タイにつけたのは昨年のQTランク103位の中園美香だった。

 中園は下部ツアーのステップアップツアーをメインに戦う選手で、今季はレギュラーツアーにも3試合出場している。しかしいずれも予選落ちを喫するなどここまで苦しいシーズンを送っている。レギュラーツアー4試合目となる今大会は主催者推薦での出場となったが、6つのバーディを奪う快調なゴルフで見事な好発進を決めた。その大きな要因となたのは“ティショットを振り切れたこと”にあったと本人は話す。
 実は中園は約1年半もの間、ドライバーの不調に悩んできた。それは本人いわく「イップスかと思った」と話すほど深刻なものだったようだ。アイアンショットやパットなどその他のショットは決して悪い状態ではなかったが、ティショットに対する不安がゴルフ全体の自信のなさへとつながり、思うような成績を残せずにいた。
 しかし今季開幕前のオフからドライバーを徹底的に練習、さらに上位で戦う選手などのビデオを研究することによって復調の兆しが見えてきた。具体的にはアドレスで体重のかけ方が前のめりになりすぎていたことが不調の大きな原因であると突き止め、それをややカカト体重に修正することで狙った方向にスイングを振り切れるようになったのだ。今季、すぐには結果につながらなかったが、7月に開催された「日本女子プロゴルフ選手権」地区予選会を突破するなど着実にゴルフに対する自信をつけてきている。
 そして今回、初日2位タイの好発進を決めた。まだ1度の好プレーではあるが、きっとこのような好結果の積み重ねが選手を成長させるのだろう。「明日は緊張すると思うけど、気持ちで負けないようにしたい」明日も強い気持ちでプレーできれば、今季初の予選通過、そして優勝争いも見えてくるだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
比嘉真美子、全英で得たものは“忍耐”
ゴルフ好き美女を紹介!「今日の美ゴ女」続々更新中
雑誌未公開カットも!?AKB山内鈴蘭ギャラリー
メジャー今季最終戦「全米プロ」が開幕!初日の結果はここから
各ツアーの賞金ランキング