写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドワンゴと日本将棋連盟は、東京・六本木のニコファーレにて、8月21日に「電王戦に関する記者発表会」を開催することを発表した。

発表内容については現時点で明かされていないが、当日は日本将棋連盟会長の谷川浩司九段、日本将棋連盟理事の片上大輔六段、ドワンゴ会長の川上量生氏が出席。発表会の模様は、当日13:00より「ニコニコ生放送」でも生中継される。

「将棋 電王戦」は、ドワンゴ主催によるプロ棋士 vs コンピュータの将棋棋戦。「第1回電王戦」は、2012年1月に米長邦雄永世棋聖 vs コンピュータ将棋プログラム「ボンクラーズ」(製作者:伊藤英紀氏)の対局で、113手を持ってボンクラーズが勝利している。そして「第2回電王戦」は、2013年3月〜4月に5人のプロ棋士 vs コンピュータ将棋ソフトの団体戦として行われ、約1カ月にわたった激闘はプロ棋士1勝3敗1分という結果で幕を閉じた。

「第2回電王戦」の「ニコニコ生放送」は、全5局の番組の総視聴者数が延べ200万人を突破、総視聴者数は486,430人、総コメント数は289万件と、いずれもニコニコ生放送の将棋番組史上最高値を更新。大盤解説が行われた六本木・ニコファーレにも開場直後から大勢の立ち見が出るなど、盛り上がりは最高潮に達していた。

なお、現在ニコニコでは「電王戦 記者発表会」の観覧者を募集中。申し込みフォームに必要事項を記入して送信し、当選者には8月16日以降にメール連絡、その後招待状が郵送される。募集期間は8月15日23:59まで。

■電王戦に関する記者発表会

番組名:電王戦に関する記者発表会

放送日:8月21日(水)

放送時間:開場12:30、開演13:00

登壇者:

日本将棋連盟会長:谷川浩司九段

日本将棋連盟理事:片上大輔六段

株式会社ドワンゴ会長:川上量生

番組URLはこちら