写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東急ハンズ10月上旬に、ビームスとコラボレーションし、ライフスタイルショップ「WORK HANDS(ワークハンズ)」を、都内をはじめとした東急ハンズの一部店舗内にオープンする。

○130代〜40代の男女がターゲット

同ショップは、東急ハンズが初めてファッションを提案する新業態でワークテイストのデイリーウェアやデザイン性のある生活雑貨を展開。DIY・園芸・クッキングなどの身近な趣味を楽しむ暮らしを、30代〜40代を中心とした男女に向けて発信する。

また、同社とセレクトショップBEAMSとのコラボレーションによってファッション提案も行う。BEAMSはショップ企画、マーチャンダイジング(MD)計画に関してディレクション・アドバイスを行い、バイイングや業態開発全体をサポート。また、両社のノウハウを結集した新しいワークウェアブランド「WORK HANDS×BEAMS」も開発する。

同ショップは、東急ハンズ渋谷店を皮切りに、心斎橋店、博多店、横浜店内に、ショップインショップとして10月上旬から順次オープンする。同時に東急ハンズネットストアでの販売も開始する。

(フォルサ)