パットが決まらず天を仰ぐ松山、初日は悔しい出遅れ(撮影:福田文平)

写真拡大

<全米プロゴルフ選手権 初日◇8日◇オークヒルCC(7,163ヤード・パー70)>
 今季最後のメジャー「全米プロゴルフ選手権」がニューヨーク州のオークヒルCCで開幕。松山英樹は2バーディ・4ボギーの“72”でラウンド。ショットは好調だったがグリーン上で苦しみ、首位と7打差の2オーバー74位タイと出遅れてしまった。
「全米プロ」のリーダーズボードをチェック!
 メジャーではここまで2戦連続でトップ10フィニッシュ。この大会でも上位進出が期待されていた松山はインコースからスタート。13番パー5で3打目を約1.5メートルにつけバーディを先行させるが、15番パー3ではティショットをラフに入れボギー。16番ではバーディを奪いスコアを戻したが難関17番から連続ボギーで1オーバーで折り返す。後半の1番でも3パットのボギーを叩き、その後はスコアカードどおりのスコアでホールアウトした。
 「ショットは悪くなかったが、パットが入らなかったのでこういう結果になりました」と憮然とした表情で話した松山。この大会で予選を突破し、25位以内にはいればここで来季のシード権を手にできる。明日は持ち前の適応力を発揮し、巻き返すことができるか。
  日本勢の最高位は石川遼の1アンダー22位タイ。井戸木鴻樹は序盤4連続バーディを奪い快調なスタートを切るが、後半に失速し松山と同じく2オーバー74位タイ。藤田寛之は15番パー3のトリプルボギーでスコアを落とし1オーバー50位タイとなっている。
【初日の順位】
1位T:ジム・フューリク(-5)
1位T:アダム・スコット(-5)
3位T:デイビッド・ハーン(-4)
3位T:リー・ウェストウッド(-4)
5位T:ロバート・ギャリガス(-3)
5位T:ポール・ケーシー(-3)
5位T:マット・クーチャー(-3)
5位T:マーカス・フレーザー(-3)
5位T:マット・クーチャー(-3)
5位T:ジェイソン・デイ(-3)
22位T:石川遼(-1)
22位T:ローリー・マキロイ(-1)他12名
50位T:藤田寛之(+1)
50位T:タイガー・ウッズ(+1)
50位T:フィル・ミケルソン(+1)他20名
74位T:松山英樹(+2)
74位T:井戸木鴻樹(+2)他15名
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
最新のゴルフギア情報&試打レポートをチェック!
AKB48のゴルフ担当が様々な謎を検証!
ツアーに帯同する美人トレーナーが登場「美ゴ女」